スポンサーリンク

Blender: 特徴で全選択(Select All by Trait)の面の辺数(Faces by Sides)の使用方法

Blenderの特徴で全選択(Select All by Trait)のひとつである面の辺数(Faces by Sides)という機能を紹介します。

1 Faces by Sidesとは

面の辺数(Faces by Sides)とは、指定した頂点数をもつ面を自動で選択してくれる特徴で全選択(Select All by Trait)のひとつです。

2 Faces by Sidesの使用方法

エディットモード(Edit Mode)面選択(Face Select)に設定したら、何も選択していない状態にして選択(Select)特徴で全選択(Select All by Trait)と進み、面の辺数(Faces by Sides)を実行します(画像1参照)。すると、指定した頂点数を持つ面を自動で選択してくれます。

blender Faces by Sides

画像1

Blender 2.79bではFaces by Sidesの日本語は「頂点数で選択」となっていましたが、面の辺数に変更されたようです。

頂点数などの細かな設定は、3Dビューポート(3D Viewport) の左下に出ている頂点数で選択(Select Faces by Sides)というメニュー(画像2参照)で行います。

blender Faces by Sides

画像2

頂点数(Number of Vertices)では面の頂点数を設定します。
タイプ(Type)では、頂点数(Number of Vertices)で指定した頂点数と同じ(Equal To)面を選択、指定した頂点数より大きい(Greater Than)面を選択、指定した頂点数より小さい(Less Than)面を選択、指定した頂点数以外の面(=違う(Not Equal To))を選択、という設定ができます。

3 面の辺数(Faces by Sides)の実際の使用例

面の辺数(Faces by Sides)の実際の使用例として、画像3のような頂点が10個あるサークルのサンプルを用意しました。
このサークルは編集モード(Edit Mode)でみると、三角形、四角形、五角形、六角形の4つから構成されています。

blender Faces by Sides

画像3

使用例 1

サンプルを使用して頂点数(Number of Vertices)を4、タイプ(Type)を違う(Not Equal To)に設定してFaces by Sidesを実行すると、画像4のように頂点が4つある四角形以外の面を選択してくれます。
この設定は、サブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)を使用しているときに四角形以外の面を見つけるのに便利です。

blender Faces by Sides

画像4

使用例 2

サンプルを使用して頂点数(Number of Vertices)を4、タイプ(Type)を大きい(Greater Than)に設定してFaces by Sidesを実行すると、画像5のように頂点が5つ以上ある五角形と六角形を選択してくれます。
この設定はファイルをエクスポートする前などにNgonを見つけるときに便利です。

blender Faces by Sides

画像5

以上、Blenderの「Faces by Sidesの使用方法」の紹介でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.80です。
※Faces by SidesはBlender 2.79bなどでも同様の操作で使用可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました