スポンサーリンク

Blender: RTX 20シリーズでCyclesを使用する方法

2021年4月追記
2021年4月時点では問題なくRTX20以降のグラフィックカードでCyclesを使用することができます。

RTX 20シリーズでBlenderのCyclesを使用する方法を紹介します。

2019年2月時点でBlenderのCyclesはRTX 20シリーズには対応していないようで、こちらで確認した限りではBlender 2.79bの場合、レンダリングしようとしたときに「CUDA binary kernel for …」というようなメッセージが流れて(下の画像を参照)、レンダリングすることができません。Viewport ShadingをRenderedした場合も同様です。
Blender 2.8の場合は、レンダリングしたときにBlenderがクラッシュしてしまいました。

Blender RTX 20 Cycles

近いうちに正式に対応すると予想しますが、とりあえず現在は下記のリンクで配布されているBlenderを使用することで RTX 20シリーズでもCyclesを使用することが可能です。
https://builder.blender.org/download/

「While the following builds have the latest features and cool bug fixes, they can be unstable and mess up your files. Use at your own risk.」とあるように、自己責任で使用してください。

こちらの環境では上で紹介したBlenderを使用したときに、初めはRenderのDeviceにあるGPU ComputeがグレーアウトしてCyclesが使えない状態でしたが、User PreferencesのSystemにあるCUDAのボタンを押すと使用できるようになりました。

以上、Blenderの「RTX 20シリーズでCyclesを使用する方法」の紹介でした。


参考サイト
https://blender.stackexchange.com/questions/119837/how-can-one-do-rendering-with-cycles-using-an-nvidia-rtx-gpu

コメント

タイトルとURLをコピーしました