スポンサーリンク

Blender: バージョンを保存(Save Versions)の使用方法

Blenderのバージョンを保存(Save Versions)という機能を紹介します。

1.バージョンを保存(Save Versions)とは

バージョンを保存(Save Versions)とは前回または前々回にセーブしたセーブデータをバックアップとして残しておく機能のことで、セーブデータが壊れてしまった場合や誤ってセーブしてしまった場合などに、セーブデータを元に戻す際に便利な機能です。

2. バージョンを保存(Save Versions)の使用方法

バージョンを保存(Save Versions)は、編集(Edit)プリファレンス(Preferences)でBlenderプリファレンス(Blender Preferences)を開いたら、セーブ&ロード(Save & Load)Blenderファイル(Blender Files)内にあるバージョンを保存(Save Versions)で設定を行います(画像1参照)。

blender Save Versions

画像1

初期設定では2に設定されているので、前回セーブしたときのセーブデータと前々回セーブしたときのセーブデータの2つまでバックアップとして保存されます。
別のHDDなどにセーブデータをバックアップをしている場合など、バージョンを保存(Save Versions)によるバックアップが必要ない場合は値を0にすれば、セーブデータのバックアップは行われません。

バージョンを保存(Save Versions)によってバックアップされたセーブデータは画像2のように、.blend1や.blend2というようなファイル名になります。

blender Save Versions

画像2

ファイルの拡張子が.blend1が前回セーブしたときのセーブデータ、.blend2が前々回セーブしたときのセーブデータ、.blendとなっているものが最も新しいセーブデータとなります。

.blend1と.blend2はそのままではBlenderで使用できないので、これらのセーブデータを使用したい場合には、最後の数字を削除して.blendと拡張子を変更してください(例えばuntitled.blend1 → untitled.blendと変更)。

以上、Blenderの「バージョンを保存(Save Versions)の使用方法」についてでした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.80です。
※Blender 2.79bなどではFile → User Preferences → File → Save Versionsで同様の操作が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました