Blender: CyclesやEeveeで画像テクスチャのリロードを行う方法

BlenderのCyclesやEeveeでノードの編集を行っているときに、画像テクスチャ(Image Texture)ノードで使用している画像テクスチャをリロードする方法を紹介します。

目次

CyclesやEeveeで画像テクスチャのリロードを行う方法

Node Wranglerというアドオンを使用しているか否かで方法が変わります。
Node Wranglerを使用している場合はどちらの方法でもリロードが可能です。

1.1 Node Wranglerを使用していない場合

Shader Editor(シェーダーエディター)でリロードしたい画像テクスチャ(Image Texture)ノードを選択後、Nキーでスクリーン右側にサイドバー(Sidebar)を表示させて、ノード(Node)プロパティ(Properties)内にあるリロードのアイコンをクリックすると、画像テクスチャのリロードを行うことができます(画像1参照)。

blender reload
画像1

1.2 Node Wranglerを使用している場合

Shader Editor(シェーダーエディター)でリロードしたい画像テクスチャ(Image Texture)ノードを選択後、Nキーでスクリーン右側にサイドバー(Sidebar)を表示させて、Node Wranglerタブ内にあるReload Imagesから画像テクスチャのリロードを行うことができます(画像2参照)。

blender reload
画像2

ショートカットキーは「Alt+R」となっています。

1.3 補足

1.1と1.2の方法の他に画像テクスチャを選択し直すことでリロードすることもできます。

レンダ―エンジン(Render Engine)でCyclesを使用している場合で、かつシェーディング(Viewport Shading)をレンダー(Rendered)にしている場合、1.1と1.2の方法でリロードを行っても3Dビューポート上ではそれが反映されないようです。
シェーディング(Viewport Shading)を一度マテリアルプレビュー(Material Preview)などに切り替えてからレンダー(Rendered)に戻すなどの方法でリロードしたテクスチャを反映させるといいかもしれません。

Blender 2.7xのCyclesで画像テクスチャのリロードを行う方法

リロードしたい画像テクスチャ(Image Texture)ノードを選択後、Nキーでスクリーン右側に表示されるメニューを表示して、プロパティ(Properties) → ソース(Source)にあるリロードのアイコン(画像2参照)をクリックすると、画像テクスチャのリロードを行うことができます。

reload image texture
画像2

Blender 2.7xでは3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)をレンダー(Rendered)にしている場合でもリロードの結果が反映されます。

以上、Blenderの「CyclesやEeveeで画像テクスチャのリロードを行う方法」でした。

この記事で使用しているのはBlender 3.1.0とBlender 2.79bです。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる