スポンサーリンク

Blender: 解像度スケール(Resolution Scale)の使用方法

Blenderの解像度スケール(Resolution Scale)の機能を紹介します。

解像度スケール(Resolution Scale)とは

解像度スケール(Resolution Scale)とは、インターフェイスのアイコンや文字の大きさを調整する機能です。

例えば高解像度のモニターを使用していてアイコンや文字が小さすぎるという場合などに、画像1のように表示を大きく変更することが可能です。

blender Resolution Scale

画像1

2. 解像度スケール(Resolution Scale)の使用方法

解像度スケール(Resolution Scale)は以下のようにして使用します。

編集(Edit)プリファレンス(Preferences)と進んで(画像2参照)、

blender Resolution Scale

画像2

Blenderプリファレンス(Blender Preferences)を表示せたら、インターフェイス(Interface)タブにある表示(Display)解像度スケール(Resolution Scale)があります(画像3参照)。

blender Resolution Scale

画像3

解像度スケール(Resolution Scale)と書かれている右のボックスに値を入力/設定することでインターフェイスのアイコンや文字の大きさを調整することができます。
初期値は1で、1より小さくすると文字などの表示も小さくなり、1よりも大きくすると文字などの表示も大きくなります。

以上、Blenderの「解像度スケール(Resolution Scale)の機能」の紹介でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.80です。
※Blender 2.79bなどではUser PreferencesのInterfaceにあるDisplayのScaleで同様の操作が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました