スポンサーリンク

Blender: オートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)で左右対称なアーマチュアを作成する方法

Blenderのオートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)という機能を使用して、左右対称なアーマチュアを作成する方法を紹介します。

1. オートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)​で左右対称なアーマチュアを作成する方法

サンプルとしてSuzanneのメッシュを使用して、画像1のように中央のheadというBoneと、左側のeyeとearというBoneを配置してある状態から、オートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)という機能を使用して、左右対称なアーマチュアを作成していきます。

blender AutoName Symmetrize

画像1

1.1 オートネーム(AutoName)の実行

まずはオートネーム(AutoName)でBoneの名前の後に.L/.Rという文字を追加します。

アーマチュアを選択したら編集モード(Edit Mode)に切り替えて、eyeとearのふたつのBoneを選択します。
選択したら、上部メニューのアーマチュア(Armature)名前(Name)と進みオートネーム(左右)(AutoName Left/Right)をクリックします。

すると、画像2のようにBoneの名前の後ろに.Lという文字が追加されて、それぞれeye.Lear.Lという名前に自動で変換されます。

blender AutoName Symmetrize

画像2

1.2 対称化(Symmetrize)の実行

eye.Lとear.Lを選択したまま、上部メニューのアーマチュア(Armature)にある対称化(Symmetrize)をクリックします。
すると、画像3のようにメッシュの右側にeye.Rear.Rという名前のBoneが生成され、左右対称なアーマチュアを作成することができます。

blender AutoName Symmetrize

画像3

2. オートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)​で左右対称なアーマチュアを作成する方法の補足

サンプルで使用したBoneはメッシュの左側にあるので、オートネーム(AutoName)で名前に.Lが追加されましたが、メッシュの右側にある場合は名前に.Rが自動で追加されます。

Boneを前後に分けたい場合は、オートネーム(前後)(AutoName Front/Back)を使用すると、Boneの位置により名前に.Frと.Bkをつけることができます。
また、Boneを上下に分けたい場合は、オートネーム(上下)(AutoName Top/Bottom)を使用すると、Boneの位置により名前に.Topと.Botをつけることができます。

対称化(Symmetrize)を使用して作成されるBoneは、Boneの親子関係、Deformのチェック、コンストレイントなども対称化され引き継がれます。

オートネーム(左右)(AutoName Left/Right)を使用する際に、サンプルで使用したheadというBoneのように、ヘッド(Head)とテール(Tail)のX軸の値がともに0の場合は、その機能が有効になりません。
ヘッド(Head)またはテール(Tail)のどちらかの値だけが0の場合は、オートネーム(左右)(AutoName Left/Right)の機能が有効になります。

オートネーム(AutoName)、対称化(Symmetrize)ともに選択したBoneにのみその機能が適用されます。

オートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)の手順を逆にすることはできないので注意してください。

対称化(Symmetrize)で生成されるBoneの位置にすでにBoneがあった場合、同じ位置に別のBoneを生成します。

以上、Blenderの「オートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)で左右対称なアーマチュアを作成する方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.81です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました