スポンサーリンク

Blender: レンダリングをする際に背景を透過させる方法

BlenderのEeveeとCyclesでレンダリングをする際に、背景を透過させる方法を紹介します。

1. Eeveeでレンダリングをする際に背景を透過させる方法

Blenderを起動させて、何も変更を加えずレンダ―エンジン(Render Engine)をEeveeのままレンダリングを行うと、画像1のようにグレーの背景でレンダリングされます。

blender rendering transparent background

画像1

Eeveeを使用して背景を透過させたい場合には、プロパティ(Properties)レンダ―プロパティ(Render Properties)フィルム(Film)と進み、透過(Transparent)にチェックを入れます(画像2参照)。

blender rendering transparent background

画像2

この状態でレンダリングをすると、画像3のように背景が透過します(この記事で使用している画像3は.jpgなので実際には透過していません)。

blender rendering transparent background

画像3

2. Cyclesでレンダリングをする際に背景を透過させる方法

Cyclesを使用して背景を透過させたい場合にも同じようにプロパティ(Properties)レンダ―プロパティ(Render Properties)フィルム(Film)と進み、透過(Transparent)にチェックを入れます(画像4参照)。

blender rendering transparent background

画像4

背景を透過させるTransparentのチェックは、Render Engineを変更しても維持されます。

3. レンダリング結果を画像として保存する際のファイルフォーマットについて

上記の方法で背景を透過させてレンダリングしても、透過情報を扱えるファイルフォーマットにして保存しないと、背景が真っ黒になってしまいます。

ファイルフォーマットは、プロパティ(Properties)出力プロパティ(Output Properties)出力(Output)で設定を行います(画像5参照)。
ファイルフォーマット(File Format)でPNGやTIFFなど透過情報を扱えるファイルフォーマットを選択した上で、カラー(Color)RGBAを選択して保存してください(初期設定ではPNGのRGBAが選択されています)。

blender rendering transparent background

画像5

以上、Blenderの「レンダリングをする際に背景を透過させる方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.81aです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました