スポンサーリンク

Blender: コンポジター(Compositor)にレンダリングした結果の画像を表示する方法

Blenderでコンポジター(Compositor)を使用するときに、レンダリングした結果(Render Result)の画像を背景画像として表示する方法と、表示したその画像の操作方法を紹介します。

1. コンポジター(Compositor)にレンダリングした結果の画像を背景画像として表示する方法

サンプルとしてここではBlenderを起動したときに初めからあるCube、Camera、Lightを使用します。

手順1

Blenderを起動したら(またはファイルを開いたら)、一度レンダリングを行います。
設定を変更していなければ新しいウィンドウが開いて、そこにレンダリングした結果の画像が表示されますが、この後の手順でも使用するのでウィンドウは閉じずにそのままにしておいてください。

手順2

エディタータイプ(Editor Type)を3Dビューポート(3D Viewport)からコンポジターCompositor)に切り替えたら、上部メニューにあるノードを使用Use Nodes)にチェックを入れ、背景Backdrop)をクリックしてオンにします(画像1参照)。

blender compositor backdrop

画像1

この段階で画像2のようなノードが表示されているはずです。

blender compositor backdrop

画像2

レンダリングする前に上記の操作を行った場合は、画像3のようにレンダ―レイヤーRender Layers)にレンダリングした結果の画像が表示されないので、レンダリングした後にビューレイヤー(View Layer)と書かれているところをクリックして、ビューレイヤーView Layer)を選択し直してください。

blender compositor backdrop

画像3

手順3

追加Add) → 出力Output)と進みビューアーViewer)を追加して画像4のようにつなぐと、コンポジター(Compositor)の背景画像としてレンダリングした結果の画像が表示されます。

blender compositor backdrop

画像4

このレンダリングした結果の画像はノードによる編集をすぐに反映します。
例えば、追加Add) → カラーColor)と進みガンマGamma)を追加して、レンダ―レイヤー(Render Layers)とビューアー(Viewer)の間につなぎ、値を2.000に設定すると、画像5のようになります。

blender compositor backdrop

画像5

追加したガンマ(Gamma)を画像6のようにコンポジット(Composite)にもつなぐと、手順1でレンダリングした結果の画像にもガンマ(Gamma)による編集が反映されるようになります。

blender compositor backdrop

画像6

2. コンポジター(Compositor)に表示したレンダリングした結果の画像の操作方法

コンポジター(Compositor)に背景として表示したレンダリングした結果の画像には、以下のような操作を行うことができます。

・V: ズームアウト
・Alt+V: ズームイン
・Alt+マウスホイールボタンを押したままドラッグ: 移動
・Alt+Home: 表示中のコンポジター(Compositor)の大きさにレンダリングした結果の画像の大きさを合わせる

ビューアー(Viewer)ノード(のViewerと書かれた場所あたり)をクリックすると、レンダリングした結果の画像に白い枠と四隅の四角いアイコン、中央の×のアイコンが表示されるようになります(画像7参照)。

blender compositor backdrop

画像8

この白い枠と四隅の四角いアイコンで大きさの変更、中央の×のアイコンで移動が可能です。
ビューアー(Viewer)ノード以外のノードをクリックすると白い枠などが消えて元に戻ります。

Nキーを押して表示されるサイドバーSidebar)のビューView)のズーム(Zoom)やオフセット(Offset)など(画像8参照)でも各操作を行うことができます。

blender compositor backdrop

画像7

以上、Blenderの「コンポジター(Compositor)にレンダリングした結果の画像を表示する方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました