スポンサーリンク

Blender: ミラーオブジェクト(Mirror Object)の使用方法

Blenderでモディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)で使用できるミラーオブジェクト(Mirror Object)という機能を紹介します。

1. ミラーオブジェクト(Mirror Object)とは

モディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)は通常そのオブジェクトの原点(Origin Point)がミラー(Mirror)の基準とされますが、ミラーオブジェクト(Mirror Object)を使用すると別のオブジェクトの原点(Origin Point)をミラー(Mirror)の基準とすることができるようになります。

2. ミラーオブジェクト(Mirror Object)の使用方法

以下でMonkeyをサンプルとしてミラーオブジェクト(Mirror Object)の使用方法を紹介していきます。
オブジェクトの原点(Origin Point)の位置が重要な点となります。

手順1

Monkeyを追加したら、オブジェクトモード(Object Mode)のまま画像1のように移動させます。

blender Mirror Object

画像1

手順2

World Originの位置に追加Add)→ Emptyから十字Plain Axes)を追加します(画像2参照)。

blender Mirror Object

画像2

手順3

手順1で追加したMonkeyにモディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)を追加して、ミラーオブジェクトMirror Object)に手順2で追加した十字(Plain Axes)を設定します(画像3参照)。

blender Mirror Object

画像3

すると画像4のようにMonkeyの原点(Origin Point)の位置は変更せずに、十字(Plain Axes)を基準としてミラー(Mirror)を行うことができます(正確にいうと十字(Plain Axes)の原点(Origin Point))。

blender Mirror Object

画像4

ここでは十字(Plain Axes)を使用しましたが、ミラーオブジェクト(Mirror Object)に設定するオブジェクトは他のEmptyやMeshなどでも構いません。ただし、基準となるのはミラーオブジェクト(Mirror Object)に設定したオブジェクトの原点(Origin Point)だということに注意してください。

ミラーオブジェクト(Mirror Object)に設定したオブジェクトを移動させると、ミラー(Mirror)の基準となる位置が変わるので、ミラー(Mirror)で生成されるオブジェクトの位置も変更されます。

以上、Blenderの「ミラーオブジェクト(Mirror Object)の使用方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.90です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました