Blender: UVマップを画像として出力する方法

Blenderで作成したUVマップを画像として出力する方法を紹介します。

目次

1 UVマップを画像として出力する方法の手順

ここでは初めからある立方体(Cube)をサンプルとして使用します。

手順 1

立方体(Cube)を選択したら、編集モード(Edit Mode)に切り替えます(画像1参照)。

blender export uvmap
画像1

このときすべての頂点が選択されている状態になっているはずですが、このままエディタータイプ(Editor Type)を3Dビューポート(3D Viewport)からUVエディター(UV Editor)に切り替えます(ワークスペスを分割してそのひとつをUVエディター(UV Editor)としても構いません)。

UVエディター(UV Editor)は画像2のようになっているはずです。

blender uv export
画像2

編集モード(Edit Mode)で選択していない頂点はUVエディター(UV Editor)上で表示されず、UVマップとして出力もできません(編集モード(Edit Mode)で頂点などを選択していなくても、UVの選択を同期(UV Sync Selection)をオンにするか、手順3の「各設定など」で説明をしているすべてのUV(All UVs)にチェックを入れることでUVマップとして出力することもできます)。

編集モード(Edit Mode)での頂点の選択とは別にUVエディター(UV Editor)で頂点などを選択することもできますが、UVエディター(UV Editor)での頂点などの選択はUVマップの出力には関係ありません。

手順 2

UVエディター(UV Editor)画面の上部メニューのUV内にあるUV配置をエクスポートExport UV Layout)をクリックします(画像3参照)。

blender export uvmap
画像3

手順 3

画面が切り替わったら、UVマップの名前と出力する場所を設定して、UV配置をエクスポートExport UV Layout)をクリックすれば(画像4参照)、

blender export uvmap
画像4

画像5のようなUVマップを出力することができます。

blender export uvmap
画像5

各設定など

UVマップの解像度はUVエディター(UV Editor)で使用している画像の解像度がそのまま使用されますが、出力場所を設定する画面の右上にあるsizeで解像度を変更することも可能です(画像6参照)。
また、すべてのUVAll UVs)にチェックを入れると、3Dビューポート(3D Viewport)で選択していない頂点(=UVエディター(UV Editor)で表示されていないUVマップ)も含めてすべてが出力されます。

blender export uvmap
画像6

2 UVマップの色について

画像7のようにマテリアルのビューポート表示(Viewport Display)内にあるカラー(Color)で色を設定していた場合、

blender uv export
画像7

そのオブジェクトのUVマップを出力すると画像8のように面の部分にその色が付きます。

blender uv export
画像8

初期設定のままでは画像7のように薄い色になりますが、「各設定など」で紹介したフィルの不透明度(Fill Opacity)を1.00にすると(画像9参照)、

blender uv export
画像9

画像10のように出力できます。

blender uv export
画像10

フィルの不透明度(Fill Opacity)を0.00にすると、面の部分は透明で辺の黒い部分だけを出力できます。

以上、Blenderの「UVマップを出力する方法」でした。

この記事で使用しているのはBlender 3.1.0です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次