スポンサーリンク

Blender: 影響の限定(Affect Only)の使用方法

Blenderの影響の限定(Affect Only)という機能について紹介します。

1. 影響の限定(Affect Only)とは

影響の限定(Affect Only)とは、オブジェクトモード(Object Mode)で行うトランスフォーム(移動、回転、スケール)の影響を原点(Origin)、位置(Locations)、親(Parents)に限定する機能です(影響の限定(Affect Only)は編集モード(Edit Mode)では機能しません)。

影響の限定(Affect Only)の各機能は、3Dビューポート(3D Viewport)のサイドバー(Sidebar)内にあるツール(Tool)→ オプション(Options)→トランスフォーム(Transform)でチェックを付けることにより使用が可能です(画像1参照)。

blender affect only

画像1

チェックを外せば元に戻ります。

2. 影響の限定(Affect Only)の使用方法

ここからは影響の限定(Affect Only)の原点(Origin)、位置(Locations)、親(Parents)の詳しい使用方法です。

2.1 原点(Origin)

影響の限定(Affect Only)の原点(Origin)にチェックを入れると、選択中のオブジェクトの原点(Origin)のみ移動、回転、スケールを行うことができるようになります。

このとき、選択中のオブジェクトの原点(Origin)には、画像2のようなマニピュレータが表示されますが、これを使用して移動、回転、スケールはできないので、G、R、Sキーまたはツールバー(Toolbar)内にあるマニピュレータで原点(Origin)を移動、回転、スケールしてください。

blender affect only

画像2

スナップ(Snap)の機能を使用すると、原点(Origin)を望みの場所へ移動、回転、スケールしやすくなると思います。

原点(Origin)の移動の方法はここで紹介した影響の限定(Affect Only)の機能を使用するほかに、3Dビューポート(3D Viewport)上部にあるオブジェクト(Object)→ 原点を設定(Set Origin)にある各操作から行うことも可能です。
また、サイドバー(Sidebar)→ ビュー(View)→ 3Dカーソル(3D Cursor)内の設定でも移動などが可能です。

2.2 位置(Locations)

影響の限定(Affect Only)の位置(Locations)にチェックを入れると、選択中のオブジェクトは移動のみ行うことが可能で、回転、スケールはできなくなります。

2.3 親(Parents)

影響の限定(Affect Only)の親にチェックを入れると、親子関係になっている親のオブジェクトを移動、回転、スケールしても、子のオブジェクトがそれに追従しなくなります。

3. 補足

影響の限定(Affect Only)の原点(Origin)、位置(Locations)、親(Parents)の各操作を意図せず使用してしまい、オブジェクトモード(Object Mode)で原点(Origin)しか移動できない、オブジェクトが回転・スケールできない、親の動きに子が追従しない、ということが起きる場合もあると思うので、そのときには影響の限定(Affect Only)のチェックを確認してみてください。

以上、Blenderの「影響の限定(Affect Only)の使用方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.90です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました