スポンサーリンク

Substance 3D Painter: リソースの追加方法

Substance 3D Painterにリソースを追加する方法を紹介します。

1 リソースの追加方法

ここでは自作したブラシ用アルファ画像を追加する場合を例とします。

MaterialやSmart Materialなど、アルファ画像以外のリソースを追加する方法も同じですが、手順3でインポートするリソースにあったものを選択するように注意してください。

手順1

File → Import resourcesと選択すると(画像1参照)、Import resourcesというウィンドウが表示されます。

Substance Painter Add resources

画像1

手順2

Add resourcesを選択して(画像2参照)、追加したいアルファ画像を選択します。

Substance Painter Add resources

画像2

追加したリソースをこの段階で削除したい場合はリソースを選択して、Remove selected resourcesを選択してください(画像3参照)。

Substance Painter Add resources

画像3

追加したリソースをShiftキーを押しながらクリックすると複数選択ができるので、Remove selected resourcesによる削除または次に説明するundefinedからの変更を一括で実行できます。

追加したいリソースをASSETS内にドラッグ&ドロップすると、手順1と手順2を省くことも可能です。

手順3

undefinedを選択して、今回はブラシ用アルファ画像なのでalphaを選択します(画像4参照)。

Substance Painter Add resources

画像4

・undefinedのリストについて

undefinedでの選択はalphaはASSETS(またはSHELF)内のAlphasに、textureはASSETS(またはSHELF)内のTexturesに、というようにインポートされます。

ブラシ用アルファ画像したい場合に、例えばTexturesを選択してしまうとテクスチャとして使用はできますがブラシ用アルファ画像として使用できなくなるので注意してください。

手順4

Import your resources to:をクリックするとリストが表示されるので(画像5参照)、追加したアルファ画像をどのように使用するのかを以下の3つから選択します。

Substance Painter Add resources

画像5

current session: 追加するアルファ画像を現在起動中のSubstance 3D Painterでのみ使用します。

project ’プロジェクト名’: 追加するアルファ画像を現在開いているファイル(project)でのみ使用します。

library ‘your_assets’ (またはshelf’shelf): 追加するアルファ画像をSubstance 3D Painterのすべてのファイル(project)で使用可能にします。

※上記3つについて詳しくは「2.1 Importの種類と追加したリソースの削除方法」を参照してください。

手順5

最後にImportを選択します。
ASSETS(またはSHELF)のAlphasにアルファ画像が追加されていることを確認してください(画像6参照)。

Substance Painter Add resources

画像6

追加するリソースの名前について、初めに0や000などを付けるとSHELFの一番初めに来るのでわかりやすくなります。

2 補足

2.1 Importの種類と追加したリソースの削除方法

2.1.1 current session

current sessionでは、追加したリソースは現在起動中のSubstance 3D Painterでのみ使用され、Substance 3D Painterを一度終了させると追加したリソースも削除されます。

効果を確認したい場合などにこちらを選択するといいと思います。

2.1.2 project ’プロジェクト名’

project ’プロジェクト名’では、追加したリソースは現在開いているファイル(project)でのみ使用され、リソースを追加した後に一度ファイル(project)を保存すれば、次回以降に同ファイル(project)を開いたときに初めから追加したリソースが使える状態になっています。
リソースを追加した後にファイル(project)を保存しなかった場合は、次回以降に同ファイル(project)を開いたときにリソースは削除されています。

project ’プロジェクト名’で追加したリソースは、他のファイル(project)を開いたときには使用できません。

こちらの方法で追加したリソースを削除したい場合は、Clean projectという機能を使用します。
File → Cleanと選択すると、Clean projectというダイアログが表示されるので、OKをクリックしてください。Clean projectではproject ’プロジェクト名’を選択して追加したリソースのうち、「使用していないすべて」のリソースを削除する機能なので使用には注意してください(使用中のものは削除されません)。

Clean project以外の削除方法については未確認です。

2.1.3 library ‘your_assets’ (またはshelf’shelf)

library ‘your_assets’では、追加したリソースをSubstance 3D Painterのすべてのファイル(project)で使用可能にします。

リソースは追加した時点で、ドキュメント\Adobe\Substance 3D Painter\assetsの各フォルダ(アルファ画像であればalphas)、またはドキュメント\Allegorithmic\Substance Painter\shelfの各フォルダ(アルファ画像であればalphas)に保存されます。

この方法で追加したリソースを削除したい場合は、上記の場所からリソースを削除してください(例えばアルファ画像であれば、alphasフォルダ内のアルファ画像を削除します)。

2.2 アルファ画像のサイズについて

Substance 3D Painterでは正方形の以外のアルファ画像は正方形に引き伸ばされてしまうので、1024×1024などのサイズを使用してください。

2.3 Reload

ASSETS内のリソース上で右クリックしてメニューを表示させるとReloadがあります。リソースを更新した場合はReloadを選択してください。

Reloadでリソースを更新した場合、ASSETS内では更新されていても、すでにファイル(project)内で使用中のものは更新されないので、そのリソースの使用を一度解除してから再度使用してください。

以上、Substance 3D Painterの「リソースの追加方法」でした。


※この記事で使用しているのはSubstance 3D Painter 2022 (Version 7.4)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました