Blender: アーマチュアと関連付けたオブジェクトの複製について

Blenderで自動のウェイトで(With Automatic Weights)などを使用して関連付けしたオブジェクトとアーマチュアについて、オブジェクトのみ複製した場合、アーマチュアのみ複製した場合、オブジェクトとアーマチュアを複製した場合の挙動について紹介します。

目次

1 使用するサンプル

画像1のオブジェクト(「Cube」)とアーマチュア(「Armature」)は自動のウェイトで(With Automatic Weights)を使用して関連付けしてあります。この記事ではこのサンプルを使用します。

blender duplicate
画像1

アウトライナー(Outliner)で確認すると、画像2のように「Armature」が親で「Cube」が子の関係になっています。

blender duplicate
画像2

2 オブジェクトだけを複製した場合

サンプルの「Cube」だけを複製した場合、複製で生成された「Cube.001」も「Armature」の子となります(画像3参照)。

blender duplicate
画像3

この場合「Cube」と「Cube.001」は同じ「Armature」を親に持ち、頂点グループやウェイトなども同じものとなるので、「Armature」にポーズを付けた場合、「Cube」と「Cube.001」は両方ともそのポーズに従います。

3 アーマチュアだけを複製した場合

サンプルの「Armature」だけを複製した場合、「Cube」の親は「Armature」のままで、「Armature.001」は親子関係のない(子となるオブジェクトがない)状態で複製されます(画像4参照)。

blender duplicate
画像4

4 オブジェクトとアーマチュアの両方を複製した場合

サンプルの「Cube」と「Armature」の両方を複製した場合、複製された「Cube.001」と「Armature.001」が新たな親子関係を作ります(画像5参照)。

blender duplicate
画像5

「Cube」と「Armature」の親子関係と「Cube.001」と「Armature.001」の親子関係は互いに独立しています。

以上、Blenderの「アーマチュアと関連付けたオブジェクトの複製について」でした。

ここで使用しているのはBlender 3.1.0です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる