Blender: 参照画像や下絵の使用方法

Blenderで参照画像(背景画像)や下絵を使用する方法を紹介します。

目次

1 参照画像や下絵の追加方法

1.1 参照画像や下絵をドラッグアンドドロップで追加する方法

オブジェクトモード(Object Mode)でWindowsなどのフォルダから直接、Blenderの3Dビューポート(3D Viewport)上に参照画像や下絵として使用したい画像をドラッグアンドロップして追加します(画像1参照)。

blender background image
画像1

この方法では参照画像や下絵の原点(Origin Point)が、ドラッグアンドロップしたときのマウスのカーソルの位置に来るように追加されます。

追加した参照画像や下絵は、追加したときの3Dビューポート(3D Viewport)に対して正面になるように追加されます。
参照画像や下絵の向きを修正したい場合は、Alt+GまたはAlt+Rで背景画像の位置と回転をリセットするか、背景画像を追加するときにNumpad 1などで視点を正面にしてから追加するなどの方法があります。

1.2 参照画像や下絵を追加(Add)→ 画像(Image)から追加する方法

3Dビューポート(3D Viewport)の左上にあるメニューの追加Add)→ 画像Image)→ 参照/背景Reference/Background)を使用して参照画像や下絵を追加することもできます(画像2参照)。

blender background image
画像2

ショートカットキーを使用する場合はShift+Aで追加(Add)のメニューが表示されます。

こちらの方法で追加した参照画像や下絵は、3Dカーソル(3D Cursor)がある位置に原点(Origin Point)が来るように追加されます。

追加した参照画像や下絵は、追加したときの3Dビューポート(3D Viewport)に対して正面になるように追加されます。
背景画像の向きを修正したい場合は、Alt+GまたはAlt+Rで背景画像の位置と回転をリセットするか、背景画像を追加するときにNumpad 1キーなどで視点を正面にしてから追加するなどの方法があります。

1.3 参照画像や下絵が追加できない場合に確認すること

1.3.1 追加する場所について

参照画像や下絵をドラッグアンドロップできる場所はBlenderの3Dビューポート(3D Viewport)内だけです。
アウトライナー(Outliner)などにドラッグアンドロップしても追加できません。

1.3.2 マウスを放す場所について

ドラッグアンドドロップで参照画像や下絵を追加する際、マウスを放す場所に別のオブジェクトがあるとうまくいかないので、何もないところでマウスを放すようにしてください。

すでに参照画像や下絵がある場所に別の背参照画像や下絵をドラッグアンドロップすると入れ替えができます。

1.3.3 追加する際のモードについて

参照画像や下絵は、オブジェクトモード(Object Mode)でのみ追加が可能です。
編集モード(Edit Mode)では参照画像や下絵の追加はできません。

1.3.4 参照画像や下絵に使用できない画像形式について

Blender 3.1.0の時点では参照画像や下絵として使用できない画像形式(.webpなど)があります。
使用できない画像は.jpgや.pngなどに変換することで使用できるようになります。

Blender 3.2から.webpが使用できるようになりました。

1.4 参照(Reference)と背景(Background)の違いについて

画像3は参照(Reference)と背景(Background)で参照画像や下絵を追加したときのプロパティ(Properties)オブジェクトデータプロパティ(Object Data Properties)エンプティ(Empty)で確認できる項目です(画像3左が参照(Reference)で右が背景(Background)です)。

blender background image
画像3

両者は深度Depth)とサイドSide)と表示先(Show in)の設定が違うだけのようです。

深度(Depth)

深度(Depth)は参照画像や下絵と他のオブジェクトが重なった場合の表示方法を設定する項目です(詳細は「4 参照画像や下絵の深度(Depth)について」を参照)。

サイド(Side)

サイド(Side)は参照画像や下絵を表と裏の両面(Both)に表示、前(Front)=表面だけ表示、後(Back)=裏面だけ表示という設定を行います。

表示先(Show in)

表示先(Show in)平行投影(Orthographic)にチェックを入れると、平行投影(Orthographic)を使用しているときのみ参照画像や下絵を表示します。

表示先(Show in)透視投影(Perspective)にチェックを入れると、透視投影(Perspective)を使用しているときのみ参照画像や下絵を表示します。

表示先(Show in)軸に平行なときのみ(Only Axis Aligned)にチェックを入れると、3Dビューポート(3D Viewport)の視点と参照画像や下絵が平行になったときのみ、参照画像や下絵を表示します。
表示先(Show in)の平行投影(Orthographic)と透視投影(Perspective)のいずれかと合わせて使用してください。
視点と参照画像や下絵が平行にするには、参照画像や下絵を選択してShift+テンキーの7を使用します。

参照(Reference)の場合、表示先(Show in)の平行投影(Orthographic)と透視投影(Perspective)の両方にチェックが入った状態で画像が追加されます。
背景(Background)の場合、追加したときに平行投影(Orthographic)を使用していると表示先(Show in)の平行投影(Orthographic)にだけチェックが入った状態で画像が追加され、追加したときに透視投影(Perspective)を使用していると表示先(Show in)の平行投影(Orthographic)と透視投影(Perspective)の両方にチェックが入った状態で画像が追加されるようです。

2 参照画像や下絵の操作

2.1 参照画像や下絵の移動・回転・拡大/縮小

方法1

参照画像や下絵はGキーで移動、Rキーで回転、Sキーで拡大/縮小が可能で、Alt+Gキーで移動のリセットなども可能です。選択(左/右クリック)、削除(Xキー)、表示/非表示(Alt+H/H)などの操作も同様です。

方法2

選択中の参照画像や下絵の中央あたりにマウスのカーソルを移動させると×印が表示されるので、ここをつかんで動かせば参照画像や下絵を動かすこともできます(画像4参照)。
ただし、この方法で移動させると原点(Origin Point)の位置が変わるので注意してください(Gキーで移動させた場合は、原点(Origin Point)は変わりません)。

blender background image
画像4

また、選択中の参照画像や下絵のいずれかの角にマウスのカーソルを移動させると黄色の四角のアイコンが表示されるので、ここをつかんで動かせば拡大/縮小をすることもできます。

マニピュレーターを表示させた状態だとマニピュレーターが優先されて中央の×印がつかめないこともあるようなので、ツールバー(Toolbar)で一時的に別のツールを選択するなどして対応してください。

2.2 参照画像や下絵の管理

参照画像や下絵を複数使用する場合などには、新たにコレクションCollection)を作成してそこに参照画像や下絵を全て移動させれば、表示/非表示などの管理がしやすくなると思います。

画像5の例ではBackground Imagesという名前を付けたコレクション(Collection)を作成して、そこで参照画像や下絵を管理しています。

blender background image
画像5

3 参照画像や下絵の透過設定

参照画像や下絵の透過については、参照画像や下絵を選択して、プロパティ(Properties)→オブジェクトデータプロパティ(Object Data Properties)→エンプティ(Empty)にある不透明度Opacity)にチェックを入れて、スライダーで透過具合を設定します(画像6参照)。

blender background image
画像6

4 参照画像や下絵の深度(Depth)について

深度(Depth)は参照画像や下絵と他のオブジェクトが重なった場合の表示方法を設定する項目です。

画像7はオブジェクトの立方体(Cube)と参照画像として使用したBlenderのロゴには変更を加えず、深度(Depth)の値だけを左からデフォルト(Default)、前(Front)、後(Back)と変更したものです。

blender background image
画像7

立方体(Cube)とBlenderのロゴが重なっている部分の表示方法がそれぞれ異なっているのが確認できると思います。

5 画像を下絵として使用する場合におすすめの設定

5.1 深度(Depth)と透過(Transparency)

画像を下絵として使用する場合には、深度(Depth)を前(Front)にして、不透明度(Opacity)にチェックを入れ透過具合を調整する方法がいいと思います。

上記の方法を使用すると画像8のようになります。

blender background image
画像8

5.2 下絵を3Dビューポート(3D Viewport)上で選択できないように設定する方法

下絵を3Dビューポート(3D Viewport)上でクリックして選択できないようにするには、アウトライナー(Outliner)のフィルター(Filter)をクリックして表示されるメニューで、制限の切り替え(Restriction Toggles)内にある選択可能(Selectable)をクリックしてオンにした後に(画像9参照)、

blender background image
画像9

下絵の選択を無効(Disable Selection)のアイコンをクリックします(画像10参照)。

blender background image
画像10

これで3Dビューポート(3D Viewport)上で誤ってがある場所をクリックしてしまっても下絵を選択できなくなります。
選択を無効(Disable Selection)のアイコンを再度クリックすれば元に戻ります。

以上、Blenderの「参照画像や下絵の使用方法」でした。

この記事で使用しているのはBlender 3.3.0です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次