スポンサーリンク

Blender: Custom Orientationsの用途例

Blenderで使用できるCustom Orientationsの用途例を紹介します。

Custom Orientationsの基本的な使用方法については、この記事では詳しく説明しないので「Blender: Custom Orientations」を参照してください。

Custom Orientationsの用途例

個人的に使用頻度が高いCustom Orientationsの用途例としては、画像1で選択されているエッジをきれいに揃えるという場合があります。

Custom Orientations

画像1

Custom Orientationsを使用して以下のような手順でエッジを揃えます。

手順1

まずはPlane(平面)を別途に追加して、画像2のようにエッジを揃えたい位置/向きにPlaneを移動させます(画像2のオレンジ色のものが追加したPlaneです)。
追加するPlaneは座標系をカスタムした後は削除するので、同じオブジェクト内に追加しても、別のオブジェクトとして追加しても構いません。

Custom Orientations

画像2

手順2

Planeを選択したまま座標系をNormal(ノーマル)にして、カスタム座標を追加します。
カスタムした座標系の名前は、同じオブジェクト内にPlaneを追加した場合はFace(面)、別のオブジェクトとしてPlaneを追加した場合はPlane(平面)となっているはずです。

手順3

座標系をカスタムしたFace/Planeの座標系にすれば、画像3のように腕のエッジを選択した状態でも揃えたい方向に揃っているので、

Custom Orientations

画像3

S+Z+Z+0などで画像4のようにエッジを揃えることができます(Blender 2.8以降ではS+Z+0です)。

Custom Orientations

画像4

以上、Blenderの「Custom Orientationsの用途例」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました