スポンサーリンク

Blender: 座標の向きを作成(Create Orientation)の使用方法

Blenderの座標の向きを作成(Create Orientation)という機能を紹介します。

1. 座標の向きを作成(Create Orientation)とは

トランスフォーム座標系(Transform Orientations)のメニューを開くと、デフォルトではグローバル(Global)ローカル(Local)ノーマル(Normal)などの座標系があるのが確認できます(画像1参照)。

blender Create Orientation

画像1

座標の向きを作成(Create Orientation)の機能を使用すると、デフォルト以外の自分で好みの座標系を作成することができます。

サンプルとして平面(Plane)に少しだけ手を加えて台形にした画像2のようなオブジェクトを準備しました。

blender Create Orientation

画像2

このオブジェクトをオブジェクトモード(Object Mode)で台形の斜めの辺(画像2のオレンジの矢印)に沿って移動できるように、座標の向きを作成(Create Orientation)していきます。

2. 座標の向きを作成(Create Orientation)の使用方法

平面(Plane)を選択した状態で編集モード(Edit Mode)に切り替えて、頂点選択(Vertex Select)か辺選択(Edge Select)で斜めの辺を選択します(画像3参照)。

blender Create Orientation

画像3

選択をしたら、トランスフォーム座標系(Transform Orientations)のメニューを開いて、+のアイコンの座標の向きを作成(Create Orientation)をクリックします(画像4参照)。

blender Create Orientation

画像4

これでデフォルトのカーソル(Cursor)の下に「辺(Edge)」という斜めの辺に沿った座標を作成することができます。

今後修正されるかもしれませんが、BlenderのThemeをLightに変更していると+のアイコンがとても見えにくいので注意してください。

オブジェクトモード(Object Mode)に切り替えて、トランスフォーム座標系(Transform Orientations)が作成した「辺(Edge)」になっていることを確認したら、ツールバーをMove(画像5オレンジ枠内)に切り替えると、画像5のように緑のY軸が斜めの辺に沿っているのが確認できるので、台形のオブジェクトを斜めの辺に沿って移動することができるようになりました。

blender Create Orientation

画像5

3. 座標の向きを作成(Create Orientation)を使用する場合の補足

  • 座標の向きを作成(Create Orientation)で作成した座標系は、作成した後にファイルを保存した場合、そのファイルでのみ使用可能な座標系として保存されます。
  • 作成した座標を削除するには、トランスフォーム座標系(Transform Orientations)のメニューで削除したい座標を選択して、メニューの右下にある×のアイコンをクリックすると削除できます。
  • ×のアイコンの左側のボックスでは作成した座標系の名前を変更することも可能です。
  • この記事では辺から座標系を作成しましたが、頂点や面からでも座標を作成することは可能です。

以上、Blenderの「座標の向きを作成(Create Orientation)の使用方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.80です。
※Blender 2.79bなどの同機能Custom Orientationsについては「Blender 2.79b: Custom Orientations」で紹介しています。

コメント

  1. mit より:

    スピンナーが若干下向きに傾いている飛行機を作っていたのですが、傾いている軸を回転させるのがなかなか出来なく試行錯誤していました。この記事にたどり付き解決しました。ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました