Blender: ノーマル(法線)(Normal)を表示する方法

Blenderで点/辺/面のノーマル(法線)(Normal)を表示する方法を紹介します。

目次

1 ノーマル(法線)(Normal)を表示する方法

ノーマル(法線)を表示したいオブジェクトを選択したら、編集モード(Edit Mode)に切り替えます(画像1参照)。

blender normal
画像1

3Dビューポート(3D Viewport)の右上にあるビューポートオーバーレイ(Viewport Overlays)の下向きの矢印のアイコンをクリックしたら(画像2参照)、

blender normal
画像2

下の方にあるノーマル(Normals)でノーマル(法線)を表示したい点/辺/面のアイコンをクリックします(画像3参照)。
サイズ(Size)の値を設定すると、ノーマル(法線)の長さを調整できます。

blender normal
画像3

立方体の点・辺・面のノーマル(法線)をすべて表示すると画像4のようになります。

blender normal
画像4

画像3のサイズ(Size)を設定するところの右側にあるノーマル(法線)のスクリーンサイズを固定(Constant Screen Size Normals)をオンにすると、3Dビューポート(3D Viewport)上でのノーマル(法線)の表示サイズを一定の大きさに固定します(メッシュを大きく表示しても小さく表示してもノーマル(法線)の表示サイズを一定にします)。

2 面の向き(Face Orientation)

面のノーマル(法線)は、以下の記事で紹介している面の向き(Face Orientation)という機能で確認することも可能です。

以上、Blenderの「ノーマル(法線)(Normal)を表示する方法」でした。

この記事で使用しているのはBlender 3.1.0です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次