Blender: 面の向き(Face Orientation)で面の裏表を確認する方法

Blenderの面の向き(Face Orientation)という機能を使用して、面の裏表(法線(=ノーマル)の向き)を確認する方法を紹介します。

目次

1 面の向き(Face Orientation)の使用方法

サンプルとして画像1のような平面を9分割したメッシュを準備しました。
このメッシュは、中央の面だけ裏になるように作成しています。

blender Face orientation

画像1

ビューポートオーバーレイ(Viewport Overlays)内にある面の向き(Face Orientation)にチェックを入れます(画像2参照)。

blender Face orientation

画像2

すると、画像3のように面が表になっている場所は青色に、面が裏になっている場所は赤で表示されるようになり、面の裏と表を簡単に確認することができます。

blender Face orientation

画像3

面の向き(Face Orientation)による面の裏と表の表示は、モード(オブジェクトモード(Object Mode)や編集モード(Edit Mode)など)に関係なく使用できます。

2 面の向き(Face Orientation)の表示色の変更方法

面の向き(Face Orientation)の表示色は編集(Edit)→プリファレンス(Preferences)でBlender プリファレンス(Blender Preferences)を開いて、テーマ(Thems)→3Dビューポート(3D Viewport)にある面の後方向(Face Orientation Back)と面の前方向(Face Orientation Front)で変更ができます。

デフォルトでは表示色がかなり濃いので、カラーピッカーのAの値を下げると色を薄くできます。

3 面の裏表(法線(=ノーマル)の向き)を修正する方法

面の裏表(法線(=ノーマル)の向き)は反転(Flip)、面の向きを外側に揃える(Recalculate Outside)、面の向きを内側にそろえる(Recalculate Inside)などの方法で修正します。

編集モードで修正したい面を選択して、反転(Flip)を使用するとその面の法線が反転します。

同様に編集モードで修正したい面を選択して、面の向きを外側に揃える(Recalculate Outside)、面の向きを内側にそろえる(Recalculate Inside)を使用して法線を修正することも可能です。

面の向きを外側に揃える(Recalculate Outside)、面の向きを内側にそろえる(Recalculate Inside)は面を全選択した状態からでも使用できるので、初めはこちらを使用して、うまくいかない場合はひとつずつ面を選択して反転(Flip)を使用するといいと思います。

4 その他の法線の向きを確認する方法

法線の向きは以前「Blender 2.8: 法線(Normal)を表示する方法」紹介したビューポートオーバーレイ(Viewport Overlays)のノーマル(Normals)や、透過表示(Show X-Ray)でも確認することができます。

サンプルのメッシュをビューポートオーバーレイ(Viewport Overlays)のNormalsを表示した場合は画像4のようになります。

blender Face orientation

画像4

メッシュを透過表示(Show X-Ray)で表示すると(画像5参照)、

blender Face orientation

画像5

画像 のように法線の向きが裏になっている場所は色が薄くなります。

blender Face orientation

画像6

以上、Blenderの「面の向き(Face Orientation)で法線を確認する方法」でした。


※この記事で使用しているのはBlender 2.93.2です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる