スポンサーリンク

Blender: 指定したオブジェクトをレンダリングしないように設定する方法

Blenderで指定したオブジェクトをレンダリングしないように設定する方法を紹介します。

1. 指定したオブジェクトをレンダリングしないように設定する方法

サンプルとして、画像1のように立方体(Cube)とUV球(UV Sphere)を左右に並べたものを使用します。

blender disable in renders

画像1

これをレンダリングすると画像2のように、立方体(Cube)とUV球(UV Sphere)の両方がレンダリングされます。

blender disable in renders

画像2

現在のアウトライナー(Outliner)は画像3のようになっていて、右側のアイコンには目のアイコンだけが表示されています。

blender disable in renders

画像3

アウトライナー(Outliner)の右上にあるFilterをクリックしたら、Restriction Togglesというメニュー内のカメラのアイコン(Disable in Renders)をクリックします(画像4参照)。

blender disable in renders

画像4

すると、画像5のようにアウトライナー(Outliner)の右側のアイコンにカメラのアイコンが追加されるので、レンダリングしたくないオブジェクトのカメラのアイコンをクリックしてオフにします。
画像5ではSphere(=UV球(UV Sphere))をレンダリングされないようにしています。

blender disable in renders

画像5

この状態でレンダリングすると、3D ビューポート上では見えているUV球(UV Sphere)が画像6のようにレンダリングされなくなります。

blender disable in renders

画像6

2. 補足

  • カメラのアイコンを再度クリックしてオンにすれば、UV球(UV Sphere)はレンダリングされるようになります。
  • カメラのアイコン表示しないように戻すには、Filterをクリックして、カメラのアイコンをクリックしてオフにしてください。
  • コレクション(Collection)のカメラのアイコンをオフにすれば、そのコレクション(Collection)内のオブジェクトはすべてレンダリングしないように設定できます。

以上、Blenderの「指定したオブジェクトをレンダリングしないように設定する方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました