スポンサーリンク

Blender: UV編集を行う際にライブ展開(Live Unwrap)を使用する方法

BlenderでUV編集を行う際にライブ展開(Live Unwrap)を使用する方法を紹介します。

1. ライブ展開(Live Unwrap)とは

UV編集を行う場合、通常は編集モード(Edit Mode)で頂点(または辺)を選択 → シームをマーク(Mark Seam) → 展開(Unwrap)という流れが多いと思いますが、ライブ展開(Live Unwrap)を使用すると、シームをマーク(Mark Seam)した時点で自動で展開(Unwrap)を行うようになります。
シームを足していった場合でも、またはシームを削除していった場合でも、その都度次々に自動で展開(Unwrap)を行うようになるので、いちいち展開(Unwrap)を行う手間を省くことができます。

2. ライブ展開(Live Unwrap)の使用方法

以下でUV球(UV Sphere)を使用して、ライブ展開(Live Unwrap)の使用方法を紹介します。

手順 1

Blenderを起動したら、画像1のようにエリアの分割などを使用して上下または左右に3Dビューポート(3D Viewport)とUVエディター(UV Editor)を表示させます。

blender Live Unwrap

画像1

手順1は作業をしやすくするために行っているので、ライブ展開(Live Unwrap)に必須の作業ではありません。

手順 2

3Dビューポート(3D Viewport)画面で、初めからある立方体(Cube)を削除してUV球(UV Sphere)を追加したら、編集モード(Edit Mode)に切り替えます(画像2参照)。

blender Live Unwrap

画像2

手順 3

UVエディター(UV Editor)画面で、UV同期選択(UV Sync Selection)をオンにします(画像3参照)。

blender Live Unwrap

画像3

手順3も作業をしやすくするために行っているので、ライブ展開(Live Unwrap)に必須の作業ではありません。

手順 4

編集モード(Edit Mode)画面で上部メニューのUVにあるライブ展開(Live Unwrap)にチェックを入れます(画像4参照)。

blender Live Unwrap

画像4

Blender 2.91からは、3D ViewportのView→Tool Settingsでメニューを表示して、右上にあるOptions内に移動しています(画像4.1参照)。

blender Live Unwrap

画像4.1

または、Edit Mode中に3D ViewportのView→Sidebarでメニューを表示して、Tool→Options内にもLive Unwrapがあります。

手順 5

UV球(UV Sphere)のどこでもいいので適当に頂点(または辺)を選択したら(画像5左側参照)、編集モード(Edit Mode)画面の上部メニューの辺またはUV内にあるシームをマーク(Mark Seam)をクリックします。
すると、展開(Unwrap)を行わなくてもUVエディター(UV Editor)画面では画像5右側のように自動で展開(Unwrap)されます。

blender Live Unwrap

画像5

3. 補足

3.1 UVエディター(UV Editor)にあるライブ展開(Live Unwrap)について

ライブ展開(Live Unwrap)は、これまで紹介してきた編集モード(Edit Mode)のUVのメニュー内にあるものとは別に、UVエディター(UV Editor)のUVのメニュー内にもあります。これらふたつのライブ展開(Live Unwrap)は機能が違うので注意してください。

画像6は、UVエディター(UV Editor)のライブ展開(Live Unwrap)の場所です。

blender Live Unwrap

画像6

UVエディター(UV Editor)にあるライブ展開(Live Unwrap)は、ピン止め(Pin)した頂点を移動させたときに、その動きに合わせてUVマップ全体を展開(Unwrap)し続けるという機能で、UVマップの形状を調整する場合などに使用します。

例えば3Dモデルを展開(Unwrap)して画像7左側のようなUVマップになった場合に、UVエディター(UV Editor)にあるライブ展開(Live Unwrap)を使用して、画像7右側のように形状を調整できます。

blender Live Unwrap

画像7

3.2 UV同期選択(UV Sync Selection)について

手順3で紹介したUV同期選択(UV Sync Selection)はデフォルトではオフになっていますが、このUV同期選択(UV Sync Selection)をオフの状態では、画像8のように編集モード(Edit Mode)画面で選択している面だけがUVエディター(UV Editor)に表示されます。

blender Live Unwrap

画像8

逆に、UV同期選択(UV Sync Selection)をオンにすると、画像9のように編集モード(Edit Mode)画面で選択していない面も含めて、UVマップ全体がUVエディター(UV Editor)に表示されるようになります。

blender Live Unwrap

画像9

また、UVシーム(Seam)によって分けられた頂点(または辺)を選択した場合、UV同期選択(UV Sync Selection)をオフにしていると、画像10左側のように選択した頂点(または辺)のみを選択できますが、UV同期選択(UV Sync Selection)をオンにしていると、画像10右側のようにシーム(Seam)によって分けられた反対側の頂点(または辺)も同時に選択するようになります。

blender Live Unwrap

画像10

以上、Blenderの「UV編集を行う際にライブ展開(Live Unwrap)を使用する方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました