スポンサーリンク

Blender: UIをリセットする方法

Blenderで乱雑になったUIをリセットする方法を紹介します。

1 UIのリセットとは

ここでいうUIのリセットとは、画像1のように乱雑になったUI(=ワークスペースまたは各ウィンドウのレイアウト)を、

blender reset workspace

画像1

画像2のようにリセットすることを意味しています。

blender reset workspace

画像2

このとき、リセットされるのはUIだけで、編集中のオブジェクトやマテリアルなどには何も変更はありません。

2 UIをリセットする方法

手順 1

ファイル(File) → 保存(Save)などの方法で(画像3参照)、編集中のBlenderファイルを保存します。

blender reset workspace

画像3

ファイルを保存したらBlenderを一旦終了させます。

手順 2

Blenderを再度起動したら、ファイル(File) → 開く(Open)と進みます(画像4参照)。

blender reset workspace

画像4

手順 3

開くファイルを選択する前に、画面右上辺りにある矢印(画像5参照)をクリックしてメニューを表示させます。

blender reset workspace

画像5

UIをロード(Load UI)のチェックを外したら(画像6参照)、手順1で保存したファイルを開きます。

blender reset workspace

画像6

UIがリセットされていることを確認してください。

2 補足

2.1 リセットしたUIの引継ぎについて

リセットしたUIは、ファイルの保存を行った場合には次回以降にも引き継がれますが、リセット後にファイルの保存を行わなかった場合は元の状態のUIに戻ります。

2.2 Load UIのチェックについて

UIをロード(Load UI)のチェックは一度外してファイルを開いても、次回ファイルを開くときには自動でチェックが入った状態に戻っているようです。

以上、Blenderの「UIをリセットする方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。


■ 参考サイト
https://www.youtube.com/watch?v=UTOVm1Y72iY&feature=emb_logo

コメント

タイトルとURLをコピーしました