スポンサーリンク

Blender: モディファイアー(Modifier)で対象となるオブジェクトを指定する方法

Blenderでブーリアン(Boolean)、ラティス(Lattice)、シュリンクラップ(Shrinkwrap)などのモディファイアー(Modifier)を使用する際に、対象となるオブジェクトを指定する方法をいくつか紹介します。

ここで紹介する方法でコンストレイント(Constraint)のターゲット(Target)を指定することも可能です。

1. リストから指定する方法

まずは対象となるオブジェクトをモディファイアー(Modifier)内のリストから指定する方法を、ブーリアン(Boolean)を例に紹介します。

ブーリアン(Boolean)を使用する際、オブジェクトObject)と書かれているボックスに対象となるオブジェクトを指定しますが、ボックス内をクリックすると画像1のようにオブジェクトのリストが表示されるので、ここから選択して指定することができます。

blender Selecting Objects

画像1

リストに表示されるオブジェクトが多い場合は文字を入力して数を絞ることも可能で、入力する文字はオブジェクト名のどの部分を入力しても構いません。
例えば、Cube.aaa、Cube.bbb、Plane.aaaという名前の3つのオブジェクトがある場合、cubeと入力すればCube.aaaとCube.bbbがリストに残り、aaaと入力すればCube.aaaとPlane.aaaが残ります。

そのモディファイアー(Modifier)の対象として使用できないオブジェクト(ブーリアン(Boolean)であればカメラやライトなど)は、リストには表示されません。

2. スポイト機能を使用して、3Dビューポート(3D Viewport)上のオブジェクトを選択して指定する方法

次にスポイト機能を使用して、オブジェクトを選択して指定する方法を、同じくブーリアン(Boolean)を例に紹介します。

オブジェクトObject)と書かれているボックスの右端にあるスポイントのアイコン(画像2参照)をクリックすると、カーソルがスポイントのアイコンに変更されるので、

blender Selecting Objects

画像2

このまま3Dビューポート(3D Viewport)上のオブジェクトをクリックすると、そのオブジェクトを指定することができます(画像3参照)。

blender Selecting Objects

画像3

画像3ではCubeに追加したブーリアン(Boolean)の対象としてCylinderを指定しています。

そのモディファイアー(Modifier)の対象として使用できないオブジェクト(ブーリアン(Boolean)であればカメラやライトなど)をクリックしても指定をすることはできません。
また、誤ってカーソルがスポイトに変わってしまった場合は、何もないところをクリックすると元のカーソルに戻ります。

3. スポイト機能を使用して、アウトライナー(Outliner)のリストから選択して指定する方法

最後にスポイト機能を使用して、アウトライナー(Outliner)のリストから選択して指定する方法を、同じくブーリアン(Boolean)を例に紹介します。

2で紹介したときと同じようにオブジェクトObject)と書かれているボックスの右端にあるスポイントのアイコンをクリックすると、カーソルがスポイントのアイコンに変更されるので、このままアウトライナー(Outliner)のリストからオブジェクトをクリックすると、そのオブジェクトを指定することができます(画像4参照)。

blender Selecting Objects

画像4

画像4ではCubeに追加したブーリアン(Boolean)の対象としてCylinderを指定しています。

2で紹介した方法と同じく、そのモディファイアー(Modifier)の対象として使用できないオブジェクト(ブーリアン(Boolean)であればカメラやライトなど)をクリックしても指定をすることはできません。
また、誤ってカーソルがスポイトに変わってしまった場合は、何もないところをクリックすると元のカーソルに戻ります。

以上、Blenderの「モディファイアー(Modifier)で対象となるオブジェクトを指定する方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.90です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました