スポンサーリンク

Blender: すでに使用しているパーティクルを別のオブジェクトでも使用する方法

Blenderですでに使用しているパーティクルを別のオブジェクトでも使用する方法を紹介します。

1 サンプルの準備

まずは説明用のサンプルを作成します。

初めからある立方体(Cube)を選択して、プロパティ(Properties)→ パーティクルプロパティ(Particle Properties)にあるパーティクルシステムスロットを追加(Add Particles System Slot)をクリックします(画像1参照)。

blender link particle

画像1

するとParticleSystemという名前のパーティクルシステム(Particles System)と、ParticleSettingsという名前のパーティクル設定(ParticleSettings)が追加されます。
パーティクル設定(ParticleSettings)のエミッター(Emitter)をヘアー(Hair)に変更して、ヘアー長(Hair Length)を1に変更します(画像2参照)。

blender link particle

画像2

立方体(Cube)は画像3のようになります。

blender link particle

画像3

立方体に追加したパーティクルを使用する別のオブジェクト(ここではUV球(UV Sphere))を追加してサンプルの準備は完了です(画像4参照)。

blender link particle

画像4

2 すでに使用しているパーティクルを別のオブジェクトでも使用する方法

UV球(UV Sphere)を選択して、プロパティ(Properties)→ パーティクルプロパティ(Particle Properties)にある(Add Particles System Slot)の+のアイコンをクリックします(画像5参照)。

blender link particle

画像5

するとParticleSystemという名前のパーティクルシステム(Particles System)と、ParticleSettings.001という名前のパーティクル設定(ParticleSettings)が追加されます。

ParticleSettings.001と書かれている左側にあるリンクするパーティクル設定を閲覧(Browse Particle Settings to be linked)をクリックして、リストから「1 サンプルの準備」で作成したParticleSettingという名前のパーティクル設定(ParticleSettings)を選択します(画像6参照)。

blender link particle

画像6

すると画像7のように立方体に使用したパーティクルが(UV Sphere)にも使用できます。

blender link particle

画像7

名前が似ているので混乱しそうですがパーティクルシステム(Particles System)は入れ物で、パーティクル設定(ParticleSettings)は中身と考えるとわかりやすくなるかもしれません。
そして、パーティクルシステム(Particles System)は他のオブジェクトにリンクして使用することはできませんが、パーティクル設定(ParticleSettings)はリンクして他のオブジェクトに使用することが可能です。

画像7の状態にあるときパーティクル設定(ParticleSettings)はリンクしているので、例えば立方体(Cube)でパーティクル設定(ParticleSettings)の内容の変更(例えばヘアー長(Hair Length)を2にするなど)を行えば、UV球(UV Sphere)にも影響します。

3 別のBlenderファイルで使用されているパーティクルを使用する場合

別のBlenderファイルで使用しているパーティクルを現在使用しているBlenderファイルで使用したい場合には、ファイル(File)→ アペンド(Append)からBlenderファイルを選択して、PatcileSettingsフォルダ(画像8参照)からパーティクル設定(ParticleSettings)を選択します。

blender link particle

画像8

その後、2の作業で行ったようにリンクするパーティクル設定を閲覧(Browse Particle Settings to be linked)からアペンド(Append)したパーティクルを選択します。

4 補足

パーティクルシステムスロットを削除(Remove Particles System Slot)の下にある下向きの矢印内のメニュー(画像9参照)は以下のような内容となっています。

blender link particle

画像9

4.1 アクティブから選択オブジェクトにコピー(Copy Active to Selected Objects)

選択中のパーティクルシステム(Particles System)を別のオブジェクトにコピーします。

例えば画像4の状態で、Shiftキーを押しながらUV球(UV Sphere)→ 立方体(Cube)の順番に選択してアクティブから選択オブジェクトにコピー(Copy Active to Selected Objects)を選択してコピーという感じで使用します。

アクティブ(Active)は、パーティクルシステム(Particles System)が複数ある場合に選択中のものという意味になります。

4.2 選択オブジェクトにすべてコピー(Copy All to Selected Objects)

複数あるパーティクルシステム(Particles System )をすべて別のオブジェクトにコピーします。

上の場合と同じように画像4の状態で、Shiftキーを押しながらUV球(UV Sphere)→ 立方体(Cube)の順番に選択して選択オブジェクトにすべてコピー(Copy All to Selected Objects)を選択してコピーという感じで使用します。

4.3 パーティクルシステムを複製(Duplicate Particle System)

パーティクルシステム(Particles System )を複製します。

画像3の状態でパーティクルシステムを複製(Duplicate Particle System)を使用すると、パーティクルシステム.001が作成されます。
このとき、複製元のパーティクル設定(ParticleSettings)とパーティクルシステム.001(ParticleSystem.001)のパーティクル設定(ParticleSettings)は同一のものとなります。

以上、Blenderの「すでに使用しているパーティクルを別のオブジェクトでも使用する方法」でした。


※この記事で使用しているのはBlender 2.93.2です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました