Blender: ひとつのオブジェクトで複数のマテリアルを使用する方法

Blenderでひとつのオブジェクト内で複数のマテリアルを使用する方法を紹介します。

目次

1 使用手順

説明用に初めからある立方体を使用します。
また、マテリアルの違いが分かりやすいように3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)をマテリアルプレビュー(Material Preview)に切り替えて作業を進めます。

multiple materials
画像1

手順1

オブジェクトモード(Object Mode)または編集モード(Edit Mode)で立方体を選択して、プロパティ(Properties)→マテリアルプロパティ(Material Properties)で確認できるように、立方体にはすでに「Material」という名前のマテリアルが設定されています(画像2参照)。

multiple materials
画像2

「Material」のサーフェス(Surface)→ベースカラー(Base Color)で色を変更すると(画像3参照)、

multiple materials
画像3

立方体にベースカラー(Base Color)で設定した色が画像4のように反映されます。

multiple materials
画像4

マテリアルが未設定のオブジェクトを使用した場合は、プロパティ(Properties)→マテリアルプロパティ(Material Properties)で新規(New)をクリックしてマテリアルを設定した後で色を変更してください。

手順2

立方体を選択したまま、プロパティ(Properties)→マテリアルプロパティ(Material Properties)のマテリアルスロットを追加(Add Material Slot)のプラスのアイコンをクリックしてマテリアルスロットを追加したら、さらに新規(New)をクリックします(画像5参照)。

multiple materials
画像5

すると、追加したマテリアルスロットに新規のマテリアル「Material.001」が設定されます(画像6参照)。

multiple materials
画像6

手順3

「Material.001」のサーフェス(Surface)→ベースカラー(Base Color)で色を変更します(画像7参照)。

multiple materials
画像7

手順4

立方体を選択して編集モードに切り替え、「Material.001」を使用したい面を選択します(頂点だけや辺だけではなく、面になるように選択してください)。

ここでは画像8のように立方体の上の面を選択しました。

multiple materials
画像8

手順5

「Material.001」が選択されていることを確認して、割り当て(Assign)をクリックすると(画像9参照)、

multiple materials
画像9

選択していた面に「Material.001」が割り当てられます(画像10参照)。

multiple materials
画像10

以上で、ひとつのオブジェクト内でふたつのマテリアルを使用することができました。

2 補足

マテリアルスロットを削除した場合

オブジェクトモードで「Material.001」が入っているマテリアルスロットを削除した場合、オブジェクトとマテリアルのリンクが切れるので、「Material.001」が割り当てられていた面には「Material」が割り当てられます。

同様に「Material」が入っているマテリアルスロットを削除した場合、「Material」が割り当てられていた面には「Material.001」が割り当てられます。

以上、Blenderの「ひとつのオブジェクトで複数のマテリアルを使用する方法」でした。

ここで使用しているのはBlender 3.1.0です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる