Blender: 配列(Array)で鎖を作成する方法

Blenderの配列(Array)というモディファイア―(Modifier)を使用して、Blenderのマニュアルに載っている鎖を作成する方法を紹介します。

目次

1 完成品

完成品は画像1のような鎖となります。

blender array tutorial
画像1

鎖のようなものを作成する方法はたくさんありますが、この記事ではBlenderのマニュアルでサンプルとして配布されているファイルで使用されている(と思われる)方法で作成します。

サンプルのファイルはBlenderのマニュアルSample blend-fileと書かれた場所をクリックして、その後Dev-ArrayModifier-Chain01.blendをクリックするとダウンロードできます。

2 作成手順

2.1 鎖のパーツの作成

まずは鎖のパーツを作成します。
以下の画像の視点(Viewpoint)はすべて上(Top)です。

手順1

3Dビューポート(3D Viewport)左上の追加(Add)→カーブ(Curve)からNURBS円(Nurbs Circle)を追加します(画像2参照)。

blender array tutorial
画像2

手順2

追加したNURBS円(Nurbs Circle)を選択して編集モード(Edit Mode)に切り替えたら、セグメント(Segment)のつながっていない部分が画像3の矢印の位置に来るようにZ軸を90°回転させます(この作業は画像18の鎖のパーツの切れ目が左上に来るようにするために行います)。

blender array tutorial
画像3

画像4の矢印の部分を選択して、

blender array tutorial
画像4

3Dビューポート(3D Viewport)左上のカーブ(Curve)→削除(Delete)→頂点(Vertices)で削除します。

blender array tutorial
画像5

画像6の部分を選択して、

blender array tutorial
画像6

スケール(Scale)などを使用して画像7のような楕円になるような形にします。

blender array tutorial
画像7

手順3

オブジェクトモード(Object Mode)に戻りNURBS円(Nurbs Circle)を選択した状態で、プロパティ(Properties)→オブジェクトデータプロパティ(Object Data Properties)→アクティブスプライン(Active Spline)内にあるベジェ(Bezier)のチェックを外して、回数U(Order U)を4に設定します(画像8参照)。

blender array tutorial
画像8

これでNURBS円(Nurbs Circle)が画像9のような形になります。

blender array tutorial
画像9

手順4

3Dビューポート(3D Viewport)左上の追加(Add)→メッシュ(Mesh)から立方体(Cube)を追加します(画像10参照)。

blender array tutorial
画像10

手順5

追加した立方体(Cube)を選択して編集モード(Edit Mode)に切り替えたら、画像11のようにY軸が高さとなるような細長い角柱に変形します。

blender array tutorial
画像11

さらに画像12のようにループカット(Loop Cut)で20個程カットを追加します。

blender array tutorial
画像12

手順6

オブジェクトモード(Object Mode)に戻り、立方体(Cube)にモディファイア―(Modifier)のサブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)を追加して、ビューポートのレベル数(Levels Viewport)を2に設定します(画像13参照)。

blender array tutorial
画像13

3Dビューポート(3D Viewport)左上のオブジェクト(Object)内にあるスムーズシェード(Shade Smooth)をクリックします。すると画像14のようになります。

blender array tutorial
画像14

手順7

立方体(Cube)にモディファイア―(Modifier)のカーブ(Curve)を追加して、カーブオブジェクト(Curve Object)にNURBS円(Nurbs Circle)を指定して、変形軸(Deform Axis)をYに設定します。

blender array tutorial
画像15

すると画像16のようになります。

blender array tutorial
画像16

手順8

NURBS円(Nurbs Circle)を選択して、プロパティ(Properties)→オブジェクトデータプロパティ(Object Data Properties)→シェイプ(Shape)→カーブモディファイアー(Curve Deform)のストレッチ(Stretch)と境界固定(Bounds Clamp)にチェックを入れます。

blender array tutorial
画像17

すると画像18のようになり、以上で鎖のパーツの完成です。

blender array tutorial
画像18

鎖のパーツの太さ/細さは、編集モード(Edit Mode)で立方体(Cube)の太さ/細さを変更して調整してください。

次のページに進む

1 2
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる