Blender: ナイフ(Knife)の操作についてのメモ

Blenderのナイフ(Knife)の操作についてのメモです。

目次

1 ナイフ(Knife)の操作説明の表示について

ショートカットのKキーを押すとアイコンがナイフに変わりナイフ(Knife)を使用することができますが、このときBlenderの画面の下部(タイムライン(Timeline)の下)に操作説明や操作のON/OFFの状態が表示されます(画像1参照)。

blender knife
画像1

ツールバー(Toolbar)からナイフ(Knife)を選択した場合は、カットの始点を設定すると操作説明が表示されます。

透過カット(Cut Through)や透過表示(X-ray)などトグル式の操作の状態はここで確認します。
例えば、画像2のように表示されていれば透過カット(Cut Through)はOFFとなります。

blender knife
画像2

2 ナイフ(Knife)の解除

ショートカットのKキーを押すとアイコンがナイフに変わりナイフ(Knife)を使用することができますが、Escキーでアイコンが通常に戻りナイフ(Knife)が解除されます。

ツールバー(Toolbar)を使用する場合は、ナイフ(Knife)を選択するとアイコンがナイフに変わりナイフ(Knife)を使用することができます。ナイフ(Knife)の解除については、ツールバー(Toolbar)で別のツールを選択して解除します。

カットの始点を設定した後に表示される画像3のような紫色のラインはEscキーで削除することができます。
カットの始点を設定して、終点を設定する前であれば、マウスの右クリックでも解除することができます。

blender knife
画像3

3 中点にスナップ(Midpoint Snap)

ナイフ(Knife)を使用中にShiftキーを押しながら操作すると、辺の中点にスナップ(Midpoint Snap)します。
辺を二等分したいときに便利な機能です。

Shiftキーを押している間は辺の中点にスナップにだけスナップするので、頂点を選択することはできなくなります。

画像4のようにカットの始点と終点をShiftキーを押しながら設定した場合、

blender knife
画像4

画像5のように途中で通過する辺に対しても中点でカットを行います。

blender knife
画像5

4 透過カット(Cut Through)

4.1 透過カット(Cut Through)とは

ナイフ(Knife)の透過カット(Cut Through)の機能を使用するとメッシュの見えていない裏側の部分もカットすることができます。

例えば透過カット(Cut Through)をオンにして画像6のようにカットの始点と終点を設定した場合、

blender knife
画像6

メッシュを回転させて確認すると、カットのラインが画像7のようになっています。

blender knife
画像7

4.2 透過カット(Cut Through)の使用方法

透過カット(Cut Through)はCキーでオン/オフの切り替えを行います。
ナイフ(Knife)の使用を一度解除すると、透過カット(Cut Through)をオンにしていた場合でもオフに戻ります。

透過カット(Cut Through)のオン/オフ状態は、「1 ナイフ(Knife)の操作説明の表示について」で説明したようにBlenderの画面下部で確認ができます。

注意点

透過カット(Cut Through)をオンにするタイミングは、カットの終点を設定する前です
カットの始点を設定する前か、カットの始点を設定した後で、透過カット(Cut Through)をオンにしてください。

カットの終点を設定した後の赤いラインが引かれた状態で透過カット(Cut Through)をオンにしても、そのカットでは透過カット(Cut Through)は行われません。

5 スナップ無視(Ignore Snap)

ナイフ(Knife)を使用中、カーソルは頂点または辺にスナップする設定になっていますが、Ctrlキーを押したまま操作するとカーソルはどこにもスナップしないようになります。

6 角度制限(Angle Constraint)

ナイフ(Knife)を使用中にAキーを押すと画像8のように白いラインが表示されます。
このラインは設定した角度(初期設定では30°)でスナップします。

blender knife
画像8

ナイフ(Knife)を使用中にサイドバー(Sidebar)ツール(Tool)アクティブツール(Active Tool)一定角度でスナップ(Angle Snapping Increment)でスナップする角度の変更が可能です(画像9参照)。

blender knife
画像9

7 元に戻す(Undo)

ナイフ(Knife)を使用中、Ctrl+Zで紫色のラインをひとつ前の状態に戻すことができます。

8 ナイフ(Knife)でカットできない場合

例1

ナイフ(Knife)でカットする始点と終点を設定するときに、別の面やメッシュで隠れて見えなくなっていたり、回転させて見えていない部分についてはカットのラインが途中で途切れる場合があります。

例2

サブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)を使用して、ケージで(On Cage)をオンにしていると、実際には頂点のない場所に頂点が表示されるので、ナイフ(Knife)を使用する際は一時的にケージで(On Cage)をオフにすると操作しやすくなります。

以上、Blenderの「ナイフ(Knife)の操作についてのメモ」でした。

ここで使用しているのはBlender 3.3.0です。

参考サイト: https://docs.blender.org/manual/ja/3.0/modeling/meshes/tools/knife.html

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次