Blender: ファイルの開き方

Blenderのファイルの開き方について紹介します。
この記事で扱うファイルとは、Blenderで作成した「.blend」という拡張子のファイルのことです。

目次

1 開く(Open)

1.1 開く(Open)からファイルを開く方法

Blenderの画面左上にあるファイル(File)>開く(Open)をクリックします(画像1参照)。

blender file open
画像1

Blenderファイルビュー(Blender File View)というウィンドウが表示されるので(画像2参照)、左側のボリューム(Volumes)システム(System)などを使用して開きたいファイルを選択して、右下にある開く(Open)をクリックするか、またはファイル上でダブルクリックするとファイルを開くことができます。

blender file open
画像2

1.2 ファイル(File)>開く(Open)のメニューを使用しない場合

1.2.1 ドラッグアンドドロップを使用

Blenderを起動した後で、Blenderの画面上にファイルをドラッグアンドドロップすると画像3のようなメニューが表示されるので、開く(Open)をクリックすると、ファイルを開くことができます。

blender file open
画像3

1.2.2 Blenderファイルのアイコンを使用

Windowsのフォルダ内でBlenderのファイルのアイコン(画像4参照)をダブルクリック(または「プログラムから開く」を使用)して開くことも可能ですが、Blenderの複数のバージョンを使い分けている場合は、使用したいBlenderのバージョンでファイルが開くとは限らないので、1.1で紹介した方法を使用したほうがいいと思います。

blender file open
画像4

2 最近使用したファイル(Open Recent)

2.1 最近使用したファイル(Open Recent)からファイルを開く方法

Blenderの画面左上にあるファイル(File)>最近使用したファイル(Open Recent)をクリックすると、画像5のように最近使用したファイルが表示されるので、ここでファイルを選択して開くことが可能です。

blender file open
画像5

2.2 最近使用したファイル(Open Recent)の設定など

2.2.1 最近使用したファイル(Open Recent)で表示するファイルの数

最近使用したファイルは初期設定では10個表示されますが、編集(Edit)>プリファレンス(Preferences)からBlenderプリファレンス(Blender Preferences)を開いて、セーブ&ロード(Save & Load)>Blendファイル(Blend Files)内にある最近使ったファイル(Recent Files)で表示するファイルの個数を設定できます(画像6参照)。

blender file open
画像6

設定を変更後はBlenderプリファレンス(Blender Preferences)の左下にあるプリファレンスを保存(Save Preferences)で保存してください(画像7参照)。

blender file open
画像7

2.2.2 最近使用したファイル(Open Recent)を削除する方法

最近使用したファイル(Open Recent)をすべて削除したい場合は、下記の場所にあるrecent-files.txtというファイルを削除するか、またはrecent-files.txtの内容をすべて削除した後で上書き保存して、その後Blenderを再起動します。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Blender Foundation\Blender\Blenderのバージョン\config

3 復元(Recover)>最後のセッション(Last Session)

ファイル(File)>復元(Recover)内の最後のセッション(Last Session)とこの後で説明をする自動保存(Auto Save)は(画像8参照)、ファイルを開く方法(またはファイルを保存する方法)としては緊急用に使用します。

blender file open
画像8

3.1 最後のセッション(Last Session)からファイルを開く方法

Blenderは、Blenderを終了させるとき開いていたファイルをquit.blendという名前で自動保存しています(終了時に保存しない(Don’t Save)を選択した場合でも保存しています)。

Blenderの画面左上にあるファイル(File)>復元(Recover)内にある最後のセッション(Last Session)をクリックすると、このquit.blendを開くことができます。

3.2 quit.blendの保存場所

quit.blendはこの後で説明をする自動保存(Auto Save)で保存されたファイルと同じ場所に保存されています。

4 復元(Recover)>自動保存(Auto Save)

先程の繰り返しになりますが、ファイル(File)>復元(Recover)内の最後のセッション(Last Session)自動保存(Auto Save)は、ファイルを開く方法(またはファイルを保存する方法)としては緊急用に使用します。

4.1 自動保存(Auto Save)からファイルを開く方法

4.1.1 自動保存(Auto Save)とは

Blenderは、現在開いているファイルを指定した間隔で自動で保存しています。
自動保存されたファイルは指定された場所に「ファイル名 数字_autosave.blend」という別の名前で保存されるので、現在開いているファイルを自動で上書きして保存しているわけではありません。

一度もセーブをしていないファイルの場合はファイル名が「数字_autosave.blend」という名前になります。

4.1.2 自動保存(Auto Save)からファイルを開く方法

Blenderの画面左上にあるファイル(File)>復元(Recover)内にある自動保存(Auto Save)をクリックするとBlenderファイルビュー(Blender File View)というウィンドウが表示され、自動保存されたファイルが一覧で表示されます。

ファイルを選択して右下にある自動保存を復元(Recover Auto Save)をクリックするか(画像9参照)、ファイルをダブルクリックすると自動保存されたファイルを開くことができます。

blender file open
画像9

自動保存されたファイルを開いた場合、ファイル名に(Recovered)という表記を追加して(画像9.1参照)元のファイルとは区別されるので、ファイルを開いただけで元のファイルを上書きしてしまうことはありません。

blender file open
画像9.1

自動保存されたファイルを開いた状態で保存(Save)をすると、同名の元のファイルを上書きします。
このとき、ファイル名の(Recovered)が外れます。

4.2 自動保存(Auto Save)の設定など

4.2.1 自動保存(Auto Save)の間隔の設定

自動保存(Auto Save)は初期設定では2分間隔で実行されますが、編集(Edit)>プリファレンス(Preferences)からBlenderプリファレンス(Blender Preferences)を開いて、セーブ&ロード(Save & Load)>Blendファイル(Blend Files)内にある自動保存(Auto Save)タイマー(Timer)で時間の設定が可能です(画像10参照)。

blender file open
画像10

設定を変更後はBlenderプリファレンスの左下にあるプリファレンスを保存(Save Preferences)で保存してください。

42.2 自動保存(Auto Save)で保存されたファイルの場所

編集(Edit)>プリファレンス(Preferences)からBlenderプリファレンス(Blender Preferences)を開いて、ファイルパス(File Paths)>データ(Data)>一時ファイル(Temporary Files)自動保存(Auto Save)で保存されたファイルの場所を設定することができます(画像11参照)

blender file open
画像1

一時ファイル(Temporary Files)のフォルダのアイコンをクリックするとBlenderファイルビュー(Blender File View)が表示されるので、ここからフォルダを選択します。
ボックス内にフォルダの場所を入力しても構いません。

初期設定ではC:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp\になっているようですが、空欄になっている場合はC:\Windows\Tempの場合もあるようです。
AppDataは隠しファイルです。

設定を変更後はBlenderプリファレンスの左下にあるプリファレンスを保存(Save Preferences)で保存してください。

4.2.3 自動保存(Auto Save)で保存されたファイルの削除

自動保存(Auto Save)で保存されたファイルは保存場所から直接削除するか、Blenderファイルビュー(Blender File View)でファイルを選択して右クリックのメニューの削除(Delete)から削除することができます(XキーDeleteキーでも削除のメニューが表示されます)。

4 補足

4.1 スクリプトとセキュリティ

Blenderのファイルを開く際に「セキュリティの観点から(For security reasons)…」というダイアログが表示された場合は、スクリプトを実行可能にする(Allow Execution)無視(Ignore)するかを選択できます。

スクリプトとセキュリティに関しては下記を参照してください。
https://docs.blender.org/manual/en/latest/advanced/scripting/security.html

ずっとスクリプの実行を可能にする(Permanently allow execution of scripts)にチェックを入れると、ダイアログでの確認がなくなり常にスクリプトを実行可能にします。

上記のチェックは、編集(Edit)>プリファレンス(Preferences)からBlenderプリファレンス(Blender Preferences)を開いて、セーブ&ロード(Save & Load)>Blendファイル(Blend Files)内にあるPythonスクリプトの自動実行(Auto Run Python Scripts)のチェックと同じです。

4.2 開き直す(Revert)

Blenderの画面左上にあるファイル(File)>開き直す(Revert)をクリックすると、現在の開いているファイルをリロードします。

4.3 インポート(Import)

「.blend」という拡張子のファイル以外のOBJファイルやFBXファイルをBlenderで開く場合は、インポート(Import)を使用します。

4.4 ファイルの保存方法

ファイルの保存方法については下記の記事で紹介をしています。

以上、Blenderの「ファイルの開き方」でした。

ここで使用しているのはBlender 3.3.1です。

参考サイト: https://docs.blender.org/manual/ja/dev/files/blend/open_save.html

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次