スポンサーリンク

Substance Painter: Hard Surfaceの使用方法

Substance PainterのHard Surfaceを使用する方法を紹介します。

1. Hard Surfaceをスタンプのように使用する方法

LAYERSの画像1の位置にあるAdd a paint layerからレイヤーを追加します(画像1は古いバージョンを使用しているので現在はアイコンが違っています)。

Substance Painter Hard Surface

画像1

 

追加したレイヤーのPROPERTIES-PAINT MATERIAL①nrmだけにします。次に、SHELF②Hard Surfacesをクリックしたら、好みのHard Surfacesのテクスチャ(ここでは③Bevel Cross)を選択して、nrmの④Normalにドラッグ&ドロップします(画像2)。

Substance Painter Hard Surface

画像2

 

Normalに選択したBevel Crossが反映されているのを確認したら(画像3)、

Substance Painter Hard Surface

画像3

ブラシが画像4のようにBevel Crossの形になっているのも確認できると思います。端の方が薄く消えてしまっている場合には、PROPERTIES-PAINTAlphaParametersにあるHardnessの値を上げるか、ブラシに設定されているAlpha画像を削除してしまうと、端まできれいに表示されます(画像4)。

Substance Painter Hard Surface

画像4

この状態で一度マウスをクリックすると、スタンプを押すようにHard Surfacesを使用することができます(画像5)。

Substance Painter Hard Surface

画像5

ブラシのSizeやAngleを変えれば、Hard Surfaceの大きさや角度を変えることも可能です。また、Hard SurfacesはParameterを持っているものがあり、かたちを少し変形したり、凸凹を逆にしたりすることも可能です。

ブラシにHard Surfaceのかたちが反映されていない場合は、上部メニューのブラシのサイズを変えるSizeの左側にあるアイコンをクリックして、Full Preview Cursorに変更してください(画像6参照)。

Substance Painter Hard Surface

画像6

Hard Surfaceを使用する際のブラシは、Basic Hardがおすすめです。

2. Hard Surfaceをメッシュ全体に使用する方法

ブラシでスタンプのようにHard Surfacesを使うのではなく、メッシュ全体にHard Surfacesを使用したい場合にはAdd a fill layerからFill layerを追加して作業を行います。
その後の流れは、「1. Hard Surfaceをスタンプのように使用する方法」と同じです。

PROPERTIES-FILL → FILLにあるScaleRotationなどでHard Surfacesを複数配置したり回転させたりすることが可能です(画像7)。

Substance Painter Hard Surface

画像7

以上、「Substance Painter: Hard Surfaceの使用方法」でした。
※ この記事ではSubstance Painter 2019.3.1を使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました