スポンサーリンク

Substance 3D Painter: Hard Surfaceの使用方法

Substance 3D PainterでHard Surfaceを使用する方法を紹介します。

1 Hard Surfaceがある場所

Hard SurfaceはASSETSのTexturesをクリックすると表示されます(画像1参照)。
また、検索ボックスにhardと入力するとHard Surfaceだけが表示されます。

sp hard surface

画像1

ASSETSに表示されたHard Surfaceを見るとわかると思いますが、Substance 3D PainterでいうHard Surfaceは、ハードサーフェスモデルのテクスチャを作成するときに便利なノーマルマップという感じだと思います。

2 Hard Surfaceをスタンプのように使用する方法

手順1

LAYERSのAdd layerからレイヤーを追加します(画像2参照)。

sp hard surface

画像2

天順2

手順1で追加したレイヤーのPROPERTIES-PAINTのMATERIALをnrmだけにします(画像3参照)。

sp hard surface

画像3

手順3

ASSETSから好みのHard Surface(ここではBevel Cross)を選択してNormalと書いてるボックス内にドラッグ&ドロップします(画像4参照)。

sp hard surface

画像4

画像4のようにNormalのボックスに選択したBevel Crossが反映されているのを確認したら、ブラシが画像5のようにBevel Crossの形になっていることも確認してください。

sp hard surface

画像5

手順4

3Dモデルの好きなところで一度マウスをクリックすると、スタンプを押すようにHard Surfacesを使用することができます(画像6参照)。

Substance Painter Hard Surface

画像6

ブラシのSizeやAngleを変えれば、Hard Surfaceの大きさや角度を変えることも可能です。
削除したい場合はEraserを使用します。

補足

・Hard Surfaceの端が消えてしまう場合

ブラシの端の方が薄く消えてしまっている場合には、PROPERTIES-PAINT内のAlphaに設定されているアルファ画像をXをクリックして削除するか(画像7の上の枠内参照)、またはParametersにあるHardnessの値を上げると(画像7の下の枠内参照)、端まできれいに表示されます。

sp hard surface

画像7

・ブラシのプレビューについて

画像5のようにブラシにHard Surfaceのかたちが反映されていない場合は、Viewportの左上にあるアイコンをクリックして、Full Preview Cursorに変更してください(画像8参照)。

sp hard surface

画像8

・ペンタブを使用している場合

ペンタブを使用している場合はクリックした強さによってHard Surfacesの大きさが変わりますが、PROPERTIES-PAINT内のBRUSHにあるSizeのPen Pressure(画像9参照)をオフにすると一定の大きさでHard Surfacesが使用できます。

sp hard surface

画像9

Pen Pressureがオンのままでもマウスを使用してクリックすれば大きさは一定になります。

・Hard SurfacesのParameterについて

Hard SurfacesはParameterを持っているものがあり、かたちを少し変形したり、凸凹を逆にしたりすることも可能です。

今回使用したBevel CrossではIn/Outという項目があり(画像10参照)、これをFalseに変更すると十字を押し出すように変更されます。

sp hard surface

画像10

3 Hard Surfaceをメッシュ全体に使用する方法

これまで紹介してきたようにHard Surfacesをブラシでスタンプのように使うのではなく、メッシュ全体に使用したい場合には手順1のところでAdd layerではなくAdd fill layerでレイヤーを追加して作業を行います。
手順5は必要なくなり、手順2~手順4は同じです。

Bevel Crossを使用して、UV TransformationsのScaleやRotationを画像11のように設定すると、

sp hard surface

画像11

画像12のようになります。

sp hard surface

画像12

設定したHard Surfacesを削除したい場合は、手順3でドラッグ&ドロップしたHard Surfacesをボックスの右上にあるXをクリックして解除してください。

ProjectionでUV ProjectionではなくPlaner projectionを使用すると、Add fill layerで追加したレイヤーでも好みの場所にHard Surfacesを使用することができます。
Planer projectionについては以下の記事で詳しく紹介をしています。

Substance 3D Painter: Planer projectionの使用方法
Substance 3D PainterのPlaner projectionという機能の使用方法を紹介します。Planer projectionはマニピュレータを操作して、メッシュの好みの位置に文字やロゴなどをペイントするときに便利な投影方法です。

以上、Substance 3D Painterの「Hard Surfaceの使用方法」でした。


※この記事で使用しているのはSubstance 3D Painter 2022 (Version 7.4)です。
※ 参考サイト: https://www.youtube.com/watch?v=dYC_ElMLxX0

コメント

タイトルとURLをコピーしました