スポンサーリンク

Blender: UVマップをひとつにまとめる方法

Blenderで別々のオブジェクトとして独立しているメッシュのUVマップを、ひとつにまとめる方法を紹介します。

1. UVマップをひとつにまとめる方法の手順

サンプルとして、画像1のような別々のオブジェクトとして追加したUV球(UV Sphere)モンキー(Monkey)を左右に並べたものを使用します。

blender  uvmap

画像1

アウトライナーで確認すると、画像2のようになっています。
UV球(UV Sphere)がSphere、モンキー(Monkey)がSuzanneです。

blender  uvmap

画像2

UV球(UV Sphere) → モンキー(Monkey)の順番でShiftキーを押しながら選択した後に(順番は逆でも構いません)、編集モード(Edit Mode)に切り替えると、画像3のようにふたつのオブジェクトをまとめて編集モード(Edit Mode)に切り替えることができます。

blender  uvmap

画像3

エディタータイプ(Editor Type)を編集モード(Edit Mode)からUVエディター(UV Editor)に切り替えると、画像4のようにUV球(UV Sphere)とモンキー(Monkey)のUVマップが重なっているので、これを修正します。

blender  uvmap

画像4

UVエディター(UV Editor)のままAキーでUVマップのすべてを選択して、上部メニューのUV内にあるアイランドを梱包(Pack Islands)をクリックして、画像5のようにUVマップを並べ替えます。

blender  uvmap

画像5

これで別々のオブジェクトとして独立しているメッシュのUVマップを、ひとつにまとめることができました。

2. 補足

上記の操作によりひとつのオブジェクトにまとめられることはありません。
オブジェクトモードに切り替えると、元の別々のオブジェクトに戻ります。

並べ替えのときにUVマップを回転させたくない場合は、左下のアイランドを梱包(Pack Islands)の回転(Rotate)のチェックを外してください。

blender  uvmap

画像6

UV展開していないオブジェクトの場合は、まとめて編集モード(Edit Mode)に切り替えた後に、シーム(Seam)を追加したり、展開をしたりするといいと思います。

以上、Blenderの「UVマップをひとつにまとめる方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82です。
※ここで紹介する操作はBlender 2.79b以前では使用できません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました