スポンサーリンク

Blender: アイランドを梱包(Pack Islands)の使用方法

Blenderのアイランドを梱包(Pack Islands)という機能を紹介します。

1 アイランドを梱包(Pack Islands)とは

1.1 アイランドを梱包(Pack Islands)とは

アイランドを梱包(Pack Islands)とは、UV空間を無駄なく使用できるようにアイランドを自動でトランスフォーム(移動・回転・スケール)する機能のことです。

アイランドを梱包(Pack Islands)はUV展開をした時に常に必要となるような機能ではなく、すでにUV展開してあるメッシュを統合(Join)した場合や、UV展開をした後にメッシュの一部の大きさを変更した場合などに必要になる機能です。

1.2 UV空間とアイランド

画像1はモンキー(Monkey)をUVエディター(UV Editor)で表示したものです。

blender pack islands

画像1

UV空間は画像1の枠で囲んだグリッドが表示されているところで、アイランド(またはUVアイランド)は画像1の色分けをしたつながったまとまりのひとつひとつのことを意味しています。

例えばUVマップが画像2のようになっている場合、UV空間に空いている無駄な部分がたくさんありますが、

blender pack islands

画像2

アイランドを梱包(Pack Islands)の機能を使用すれば、画像1のようにUV空間を無駄なく使用するように自動でトランスフォームしてくれます。

2 アイランドを梱包(Pack Islands)の使用方法

2.1 アイランドを梱包(Pack Islands)の使用手順

アイランドを梱包(Pack Islands)は以下ようにして使用します。

手順1

アイランドを梱包(Pack Islands)を使用したいオブジェクトを選択したら編集モードに切り替え、UVエディター(UV Editor)に切り替えます(画像3参照)。

blender pack islands

画像3

手順2

上部メニューにある選択(Select)→ すべて(All)などを使用してアイランドすべてを選択します(画像4参照)。

blender pack islands

画像4

手順3

上部メニューUV内にあるアイランドを梱包(Pack Islands)を選択します(画像5参照)。

blender pack islands

画像5

これで画像6のようにUV空間を無駄なく使用できるように、アイランドを自動でトランスフォームしてくれます。

blender pack islands

画像6

すでにUV空間を無駄なく使用している場合はアイランドを梱包(Pack Islands)を使用しても変化はありません。

2.2 左下のメニューについて

2.2.1 回転(Rotate)

画像6ではアイランドが回転してしまっていますが、アイランドを梱包(Pack Islands)を使用したときに左下に表示されるメニューの回転(Rotate)のチェックを外すと(画像7参照)、

blender pack islands

画像7

回転は使わずに移動とスケールだけを使ってアイランドを梱包(Pack Islands)できます(画像8参照)。

blender pack islands

画像8

2.2.2 余白(Margin)

アイランドを梱包(Pack Islands)を使用したときに左下に表示されるメニュー内にある余白(Margin)はアイランド同士の余白(間隔)の設定です。

初期値の0.001だと狭すぎてテクスチャが重なってしまうこともあると思うので、0.01くらいにするといいと思います。

3 補足

3.1

アイランドを梱包(Pack Islands)は、使用するときに選択していたアイランドにのみ効果があります。

画像9のようにアイランドの一部だけを選択した状態でアイランドを梱包(Pack Islands)を使用すると、

blender pack islands

画像9

画像10のように全体のバランスが崩れてしまします(画像10の状態だと、選択中のアイランドの解像度だけが高くなってしまいます)。

blender pack islands

画像10

画像10のようにアイランドのバランスが崩れてしまった場合はアイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)を使用することで修正ができます。

3.2

アイランドを梱包(Pack Islands)は、アイランドの形によってはUV空間を無駄なく使用する最もよい手段でないこともあります。

例えば、画像11のようなメッシュをUV展開したとします。

blender pack islands

画像11

画像12はUV展開した結果で、アイランドを梱包(Pack Islands)を使用しても結果は変わりません。

blender pack islands

画像12

このような場合は、画像13のように手動でアイランドを配置したほうUV空間を無駄なく使用できます。

blender pack islands

画像13

以上、Blenderの「アイランドを梱包(Pack Islands)の使用方法」でした。


※この記事で使用しているのはBlender 2.93.2です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました