Blender: アイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)の使用方法

BlenderでUVマップを作成するときに使用するアイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)という機能を紹介します。

目次

1 アイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)とは

1.1 アイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)とは

アイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)とは、UVマップを作成するときに、各アイランド(UVアイランド)の大きさをメッシュの大きさに合わせて平均化する機能です。

1.2 アイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)が必要になる場合

画像1は平面(Plane)にカラーグリッド(Color Grid)を貼ったものです。

Average Island Scale
画像1

カラーグリッド(Color Grid)については以下の記事で紹介をしています。

画像1の平面(Plane)を選択して編集モードに切り替えて、画像2のように1/4の大きさの平面(Plane)を追加して重ならないように移動させます。

Average Island Scale
画像2

ふたつの平面(Plane)のカラーグリッド(Color Grid)の大きさを確認すると、初めからあった平面(Plane)のカラーグリッド(Color Grid)の四角は大きく、後から追加した平面(Plane)のカラーグリッド(Color Grid)dの四角は小さくなっています。

UVエディターに切り替えると、画像3のようにメッシュの大きさは違うのにアイランドの大きさは同じになっている(完全に重なっている)ことが確認できます。

Average Island Scale
画像3

この状態のままテクスチャを作成すると、メッシュの大きさとアイランドの大きさがあっていないために、後から追加した平面(Plane)の方は解像度が高いためきれいに表示されるのに、初めからあった平面(Plane)の方は解像度が低いためぼやけて表示されてしまいます。

このような問題を回避するためにアイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)を使用します。

2 アイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)の使用方法

上で使用していたふたつの平面(Plane)をそのまま使用します。

UVエディターで上部メニューにある選択(Select)→ すべて(All)などを使用してアイランドすべてを選択します(画像4参照)。

Average Island Scale
画像4

上部メニューのUV内にあるアイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)を選択します(画像5参照)。

Average Island Scale
画像5

すると画像6のようにアイランドの大きさがメッシュの大きさに合わせて平均化されます。

Average Island Scale
画像6

画像6の状態ではアイランドがUV空間からはみ出していたり重なっていたりする部分があるので、アイランドを梱包(Pack Islands)を使用して画像7のように修正します。

Average Island Scale
画像7

アイランドを梱包(Pack Islands)については以下の記事で紹介しています。

画像7のように修正した後に3Dビューポートに戻りカラーグリッド(Color Grid)を見ると、画像8のようにふたつの平面(Plane)のグリッドの大きさが同じになっていることが確認できます。

Average Island Scale
画像8

3 補足

ここまで紹介してきたアイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)は、必ず使用しなければならないというわけではありません。
作品によってはテクスチャの一部(例えば文字が入っている場所や頭部など)の解像度を上げるために、意図してアイランドの大きさを平均化しない場合もあります。

以上、Blenderの「アイランドの大きさを平均化(Average Island Scale)」でした。


※この記事で使用しているのはBlender 2.93.2です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる