スポンサーリンク

Blender: UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法

BlenderでUV編集をする際に、UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法を紹介します。

1. UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法

ここではサンプルとして初めからある立方体を使用します。

手順 1

Blenderを起動したら、画像1のようにエリアの分割などを使用して上下または左右に3Dビューポート(3D Viewport)とUVエディター(UV Editor)を表示させます。

Blender UV Grid

画像1

手順1は作業をしやすくするために行っているので、必須の作業ではありません。3Dビューポート(3D Viewport)とUVエディター(UV Editor)を切り替えて作業を行っても構いません。

手順 2

3Dビューポート(3D Viewport)画面で初めからある立方体(Cube)を選択したら、編集モード(Edit Mode)に切り替えます。
その後、UVエディター(UV Editor)画面で、新しい画面を作成します(Create a new image)+ 新規(+ New)をクリックします(画像2参照)。

Blender UV Grid

画像2

手順 3

新規画像(New Image)というメニューが表示されたら、生成タイプ(Generated Type)UVグリッド(UV Grid)カラーグリッド(Color Grid)を選択して(ここではカラーグリッド(Color Grid)を選択しています)、OKをクリックします(画像3参照)。

Blender UV Grid

画像3

画像4のように、UVエディター(UV Editor)画面で使用される画像がUntitledという名前のカラーグリッド(Color Grid)に変更されます。

Blender UV Grid

画像4

手順 4

3Dビューポート(3D Viewport)画面で、編集モード(Edit Mode)からオブジェクトモード(Object Mode)に切り替えたら、UVエディター(UV Editor)画面をシェーダーエディター(Shader Editor)画面に切り替えます(画像5参照)。

Blender UV Grid

画像5

手順 5

シェーダーエディター(Shader Editor)画面で、追加(Add)テクスチャ(Texture)から画像テクスチャ(Image Texture)ノードを追加して、画像6のようにカラー(Color)ベースカラー(Base Color)をつないで、画像テクスチャ(Image Texture)ノードのリンクする画像を閲覧(Browse Image to be linked)を押して、Untitledという名前のカラーグリッド(Color Grid)の画像を指定します。

Blender UV Grid

画像6

手順 5

3Dビューポート(3D Viewport)画面で、3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)をマテリアル(Material)またはレンダ―(Rendered)に変更すると、画像7のようにカラーグリッド(Color Grid)が表示されます。

Blender UV Grid

画像7

3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)のソリッド(Solid)でカラーグリッド(Color Grid)を表示したい場合は、ソリッド(Solid)を選択した状態でShadingの下向きの矢印をクリックして3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)というメニューを表示させて、カラー(Color)をテクスチャ(Texture)に変更してください。

Blender UV Grid

画像8

以上、Blenderの「UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました