Blender: UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法

BlenderでUV編集をする際に、UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法を紹介します。

目次

1. UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法

ここではサンプルとして初めからある立方体を使用します。

手順 1

Blenderを起動したら、画像1のようにエリアの分割などを使用して上下または左右に3Dビューポート(3D Viewport)とUVエディター(UV Editor)を表示させます。

Blender UV Grid

画像1

手順1は作業をしやすくするために行っているので、必須の作業ではありません。3Dビューポート(3D Viewport)とUVエディター(UV Editor)を切り替えて作業を行っても構いません。

手順 2

3Dビューポート(3D Viewport)画面で初めからある立方体(Cube)を選択したら、編集モード(Edit Mode)に切り替えます。
その後、UVエディター(UV Editor)画面で、新しい画面を作成します(Create a new image)+ 新規(+ New)をクリックします(画像2参照)。

Blender UV Grid

画像2

手順 3

新規画像(New Image)というメニューが表示されたら、生成タイプ(Generated Type)UVグリッド(UV Grid)カラーグリッド(Color Grid)を選択して(ここではカラーグリッド(Color Grid)を選択しています)、OKをクリックします(画像3参照)。

Blender UV Grid

画像3

画像4のように、UVエディター(UV Editor)画面で使用される画像がUntitledという名前のカラーグリッド(Color Grid)に変更されます。

Blender UV Grid

画像4

手順 4

3Dビューポート(3D Viewport)画面で、編集モード(Edit Mode)からオブジェクトモード(Object Mode)に切り替えたら、UVエディター(UV Editor)画面をシェーダーエディター(Shader Editor)画面に切り替えます(画像5参照)。

Blender UV Grid

画像5

手順 5

シェーダーエディター(Shader Editor)画面で、追加(Add)テクスチャ(Texture)から画像テクスチャ(Image Texture)ノードを追加して、画像6のようにカラー(Color)ベースカラー(Base Color)をつないで、画像テクスチャ(Image Texture)ノードのリンクする画像を閲覧(Browse Image to be linked)を押して、Untitledという名前のカラーグリッド(Color Grid)の画像を指定します。

Blender UV Grid

画像6

手順 6

3Dビューポート(3D Viewport)画面で、3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)をマテリアル(Material)またはレンダ―(Rendered)に変更すると、画像7のようにカラーグリッド(Color Grid)が表示されます。

Blender UV Grid

画像7

3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)のソリッド(Solid)でカラーグリッド(Color Grid)を表示したい場合は、ソリッド(Solid)を選択した状態でShadingの下向きの矢印をクリックして3Dビューのシェーディング(Viewport Shading)というメニューを表示させて、カラー(Color)をテクスチャ(Texture)に変更してください。

Blender UV Grid

画像8

以上、Blenderの「UVグリッド(UV Grid)またはカラーグリッド(Color Grid)を使用する方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • お世話になります。
    カラーグリッド内に表示されるアルファベットの向きや順番はテクスチャーを割当てる時にどのような関係あるのでしょうか?ネット検索しても使い方しか出てきません!
    ご教示いただけましたら幸いです。
    garden_amiami@yahoo.ne.jp

    • カラーグリッドを使用する目的は、UVとメッシュの互いに対応する位置の確認(記事内の画像4の右側と画像7の左側を比較して位置を確認します)、裏返っている(法線が逆になっている)メッシュを見つける(裏返っている場合は文字や数字も裏返ります)、メッシュ上で表示されるカラーグリッド(画像7の左側)の文字や数字などの大きさを合わせてテクスチャの解像度をできるだけ均一にする(文字などが大きい場所ほど解像度が高くなります)、などが多いです。
      質問がもしカラーグリッドの文字や数字自体に意味はあるのかというものでしたら、カラーグリッドは色々なものがあるので(例えば数字だけだったり、A1がUVの左上だったり左下だったりなど)、おそらくそれ自体には意味はないと思います。
      それからコメントにメールアドレスが表示されているのですが大丈夫でしょうか(こちらでメールアドレスの部分だけ削除することも可能です)。

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる