スポンサーリンク

Blender: ウェイトペイント(Weight Paint)を行うときにワイヤー表示にする方法

Blenderでウェイトペイント(Weight Paint)を行うときに、メッシュをワイヤー表示にする方法を2通り紹介します。

1. ワイヤーを表示(SHow Wire)でワイヤー表示にする方法

ひとつ目はワイヤーを表示SHow Wire)でワイヤー表示にする方法です。
ここではサンプルとしてモンキー(Monkey)のメッシュを使用します。

モンキー(Monkey)を追加したら編集モード(Edit Mode)に切り替えて、Aキーを押すなどして頂点のすべてを非選択の状態にします(画像1参照)。

blender weight paint wireframe

画像1

次に、ウェイトペイント(Weight Paint)モードに切り替えたら、3Dビューポート(3D Viewport)画面の右上にあるOverlaysをクリックしてビューポートオーバーレイ(Viewport Overlays)というメニューを表示させたら、ウェイトペイント(Weight Paint)内のワイヤーを表示Show Wire)にチェックを入れます(画像2参照)。

blender weight paint wireframe

画像2

すると、画像3のようにワイヤー表示にすることができます。

blender weight paint wireframe

画像3

頂点を選択状態にしている場合は、ワイヤーを表示(Show Wire)にチェックを入れてもワイヤー表示されないので注意してください。画像4では左半分の頂点が選択状態になっています。

blender weight paint wireframe

画像4

2. ワイヤーフレーム(Wireframe)でワイヤー表示にする方法

ふたつ目はワイヤーフレームWireframe)でワイヤー表示にする方法です。
こちらでも同じくサンプルとしてモンキー(Monkey)のメッシュを使用します。

モンキー(Monkey)を追加して、ウェイトペイント(Weight Paint)モードに切り替えます。
次に、3Dビューポート画面の右上にあるシェーディング(Shading)をワイヤーフレームWireframe)に切り替えて、透過表示を切り替えToggle X-Ray)をオフにします(画像5参照)。

blender weight paint wireframe

画像5

すると下の画像6のようにワイヤー表示にすることができます。

blender weight paint wireframe

画像6

以下は公式な方法かどうかわかりませんが、モンキー(Monkey)を追加した後、Aキーを押してモンキー(Monkey)を非選択の状態にして、この状態のままふたつ目の方法でワイヤーフレーム表示にすると、画像7のようにワイヤーの色がオレンジ色から黒い色に変わります。

blender weight paint wireframe

画像7

また、ウェイトペイント(Weight Paint)モードでオレンジ色のワイヤー表示になっている状態でも、アウトライナー(Outliner)で他のオブジェクト(LightやCameraなど)を選択すると、ワイヤーの色を黒くすることも可能です。

3. 補足

ワイヤーを表示(Show Wire)を使用してワイヤー表示にしているときにペイントマスク(Paint Mask)や頂点で選択(Vertex Selection)を使用する場合、マスクをかける頂点は選択することになるので、ワイヤー表示されなくなってしまいます。
画像8では、左半分にペイントマスク(Paint Mask)を使用しています。

blender weight paint wireframe

画像8

以上、Blenderの「ウェイトペイント(Weight Paint)を行うときにワイヤー表示にする方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました