スポンサーリンク

Blender: ミラー(Mirror)を使用して、左右対称なウェイトペイント(Weight Paint)を行う方法

Blenderでモディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)を使用して、左右対称なウェイトペイント(Weight Paint)を行う方法を紹介します。

1. ミラー(Mirror)を使用して、左右対称なウェイトペイント(Weight Paint)を行う方法

左右対称なウェイトペイントを行う方法は、Xミラー(X Mirror)頂点グループをミラー反転(Mirror Vertex Group)を使用する方法などもありますが、ここではモディファイア―(Modifier)ミラー(Mirror)を使用する方法を紹介します。そのため左右が100%同じメッシュでのみ有効な方法となります。

手順 1

サンプルとして使用するMonkeyを追加したら、画像1のように向かって左半分を削除して、モディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)を追加します。

blender mirror weight paint

画像1

このとき、モディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)は適用(Apply)しないでください。

手順 2

画像2のようにhead、ear.L、ear.Rと名前を付けたボーン(Bone)を追加してアーマチュア(Armature)を作成します。

blender mirror weight paint

画像2

左右対称となるボーン(Bone)の名前の最後には、ear.Lとear.Rなど「.L」と「.R」(または_Lや_R)が付くようにしてください。
ear.001とear.002などの名前にしてしまうと、左右対称なウェイトペイント(Weight Paint)はできません。

左右対称なアーマチュア(Armature)の作成については、「Blender: オートネーム(AutoName)と対称化(Symmetrize)で左右対称なアーマチュアを作成する方法」を参照してください。

手順 3

Shiftキーを押しながらMonkey → アーマチュア(Armature)の順番で選択したら、Ctrl+Pキーを押して、自動のウェイトで(With Automatic Weights)を選択します(画像3参照)。

blender mirror weight paint

画像3

手順 4

手順3とは逆にShiftキーを押しながらアーマチュア(Armature) → Monkeyの順番で選択したら、ウェイトペイント(Weight Paint)モードに切り替えて、Ctrlキーを押しながらear.Lをクリックします(画像4参照)。

blender mirror weight paint

画像4

手順 5

この状態で画像5のように目のあたりにear.Lのウェイトペイント(Weight Paint)を行ってみます。

blender mirror weight paint

画像5

Ctrlキーを押しながらear.Rをクリックすると、画像6のようにear.Rも同じようにウェイトペイント(Weight Paint)され、一方のウェイトペイント(Weight Paint)を行うだけで左右対称なウェイト(Weight)にすることができます。

blender mirror weight paint

画像6

2. 補足

モディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)は最終的に適用(Apply)してもしなくても構いませんが、適用(Apply)しない場合は、モディファイア―(Modifier)のアーマチュア(Armature)と順番を入れ替えないようにしてください。
上からアーマチュア(Armature) → ミラー(Mirror)の順番にしてしまうと、ポーズモード(Pose Mode)で行うポーズが左右対称になってしまいます。

モディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)を適用(Apply)した後に行ったウェイトペイント(Weight Paint)は左右対称にはならないので、他の方法で左右対称にするか、再度左半分を削除してモディファイア―(Modifier)のミラー(Mirror)を追加してください。

以上、Blenderの「ミラー(Mirror)を使用して、左右対称なウェイトペイント(Weight Paint)を行う方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました