スポンサーリンク

Blender: 自動スムーズ(Auto Smooth)とシャープをマーク(Mark Sharp)の使用方法

Blenderの自動スムーズ(Auto Smooth)とシャープをマーク(Mark Sharp)の使用方法を紹介します。

1. 自動スムーズ(Auto Smooth)とは

自動スムーズ(Auto Smooth)は設定した値より小さな角度の辺に対しては自動でスムーズシェード(Shade Smooth)を適用して、設定した値より大きな角度の辺に対しては自動でフラットシェード(Shade Flat)を適用する機能です。

画像1のオブジェクトは、左からフラットシェード(Shade Flat)のみ、スムーズシェード(Shade Smooth)のみ、フラットシェード(Shade Flat)とスムーズシェード(Shade Smooth)を併用したものとなっています。
右側のオブジェクトは、平らな部分にはフラットシェード(Shade Flat)、カーブしている部分にはスムーズシェード(Shade Smooth)が適用されています。

blender auto smooth

画像1

2. 自動スムーズ(Auto Smooth)の使用方法

画像1のオブジェクトをサンプルとして、自動スムーズ(Auto Smooth)を使用する手順を紹介します。
初めは画像2のように全体にフラットシェード(Shade Flat)が適用されている状態です。

blender auto smooth

画像2

手順 1: スムーズシェード(Shade Smooth)の適用

自動スムーズ(Auto Smooth)を使用するにはオブジェクト全体にスムーズシェード(Shade Smooth)を適用しておく必要があるので、オブジェクトモードでオブジェクトを選択したら、上のメニューのオブジェクト(Object) → スムーズシェード(Shade Smooth)または右クリックのオブジェクトコンテクストメニュー(Object Context Menu)からスムーズシェード(Shade Smooth)を適用します(画像3参照)。

blender auto smooth

画像3

この段階では画像4のように辺のすべてにスムーズシェード(Shade Smooth)が適用されています。

blender auto smooth

画像4

手順 2: 自動スムーズ(Auto Smooth)の適用

オブジェクトを選択した状態で、プロパティ(Properties) → オブジェクトデータプロパティ(Object Data Properties) → ノーマル(Normals)にある自動スムーズ(Auto Smooth)にチェックを入れます(画像5参照)。

blender auto smooth

画像5

すると、画像6のように設定した値(初期値の30°)より小さな角度の辺に対してはスムーズシェード(Shade Smooth)が適用されたまま残り、設定した値より大きな角度の辺に対してはフラットシェード(Shade Flat)が自動で適用されます。

blender auto smooth

画像6

3. シャープをマーク(Mark Sharp)の使用方法

自動スムーズ(Auto Smooth)を使用すると角度によって自動でスムーズシェード(Shade Smooth)とフラットシェード(Shade Flat)を切り替えることができますが、シャープをマーク(Mark Sharp)を使用すると、手動でフラットシェード(Shade Flat)にしたい辺を指定することができます。

画像6の状態のオブジェクトを使用して、自動スムーズ(Auto Smooth)の角度を100°位に変更します。100°より小さな角度の辺(この場合すべての辺)に対してスムーズシェード(Shade Smooth)が起用されます。

編集モードに切り替えたら辺選択でフラットシェード(Shade Flat)にしたい辺を選択して、辺(Edge) → シャープをマーク(Mark Sharp)または右クリックのオブジェクトコンテクストメニュー(Object Context Menu)からシャープをマーク(Mark Sharp)を適用します(画像7参照)。

blender auto smooth

画像7

すると画像8のように、自動スムーズ(Auto Smooth)で設定した角度とは関係なく、シャープをマーク(Mark Sharp)を設定した辺はフラットシェード(Shade Flat)が適用されます。

blender auto smooth

画像8

シャープをマーク(Mark Sharp)を設定したところを解除したい場合には、辺を選択してシャープをクリア(Clear Sharp)を選択してください。

シャープをマーク(Mark Sharp)は単独では機能しないので、今回紹介した自動スムーズ(Auto Smooth)やベベル(Bevel)の法線のハード化(Harden Normals)、辺分離(Edge Sprit)などと合わせて使用します。

4. 実際の使用例

画像9は自動スムーズ(Auto Smooth)を使用して作成したものです。

blender auto smooth

画像10

画像1のときと同じように左からフラットシェード(Shade Flat)のみ、スムーズシェード(Shade Smooth)のみ、フラットシェード(Shade Flat)とスムーズシェード(Shade Smooth)を併用したものとなっています。

5. 法線のハード化(Harden Normals)と重み付き法線(Weighted Normal)

Auto SmoothとBevelを併用した際にフラットな面がきれいに表示されない場合は、ModifierのBevel→ShadingにあるHarden Normalsにチェックを入れる、またはModifierのWeighted Normalを追加するときれいに表示されます(画像11参照)。

blender auto smooth

画像11

メッシュの形状によりHarden NormalsとWeighted Normalの結果が同じになることもあれば、異なる結果になることもあるので、よい結果になる法を選ぶといいかもしれません。

以上、Blenderの「自動スムーズ(Auto Smooth)とシャープをマーク(Mark Sharp)の使用方法」でした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.82aです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました