Blender: スナップ(Snap)の使用方法 その1

Blenderのスナップ(Snap)の使用方法を紹介します。

目次

1 スナップ(Snap)とは

今回の記事で扱うスナップ(Snap)とは、3Dビューポート(3D Viewport)左上にあるメニューのオブジェクト(Object)内(画像1参照)またはメッシュ(Mesh)内(画像2参照)にあるスナップ(Snap)で、選択物(選択したオブジェクトや頂点など)または3Dカーソルを特定の位置にスナップ(Snap)(=移動または配置)させる機能です。

blender snap

画像1

blender snap

画像2

画像1がオブジェクトモード(Object Mode)のスナップ(Snap)のメニューで、画像2が編集モード(Edit Mode)のスナップ(Snap)のメニューです。
ショートカットキーShift+Sで、画像1または画像2のスナップ(Snap)のメニューが表示されます。

以下でスナップ(Snap)の各使用方法について紹介をしていきますが、今回のその1では選択物をスナップ(Snap)させる機能だけを取り上げます。
3Dカーソルをスナップ(Snap)させる機能については「Blender: スナップ(Snap)の使用方法 その2」で紹介をしています。

8つすべてを覚える必要はないと思うので、作品によって使用頻度が高そうなもの(選択物 → カーソル(Selection to Cursor)・カーソル → 選択物(Cursor to Selected)・カーソル → ワールド原点(Cursor to World Origin)など)をまずは覚えるといいと思います。

2 選択物 → グリッド(Selection to Grid)

・オブジェクトモード(Object Mode)

オブジェクトモード(Object Mode)では、選択中のオブジェクトの原点を最も近いグリッドのポイントにスナップ(Snap)させます。

画像3の位置にオブジェクトの原点がある時に選択物 → グリッド(Selection to Grid)を使用すると、

blender snap

画像3

画像4のようにオブジェクトの原点を最も近いグリッドのポイントにスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像4

複数のオブジェクトを選択して選択物 → グリッド(Selection to Grid)を使用すると、それぞれのオブジェクトの原点を最も近いグリッドのポイントにスナップ(Snap)させます。

・編集モード(Edit Mode)

編集モード(Edit Mode)では、選択中の頂点を最も近いグリッドのポイントにスナップ(Snap)させます。

画像5のように頂点を選択して選択物 → グリッド(Selection to Grid)を使用すると、

blender snap

画像5

画像6のように選択中の頂点を最も近いグリッドのポイントにスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像6

複数の頂点を選択した場合は各頂点を最も近いグリッドのポイントへスナップ(Snap)させるため、長さや形が変わることもあります。
辺選択モードで(複数の)辺を選択、または(複数の)面選択モードで面を選択した場合も同様に、選択中の(複数の)辺または(複数の)面を構成する各頂点を最も近いグリッドのポイントへスナップ(Snap)させます。

画像7のように頂点を選択して選択物 → グリッド(Selection to Grid)を使用すると、

blender snap

画像7

画像8のように各頂点を最も近いグリッドのポイントにスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像8

・グリッドとスナップ(Snap)について

グリッドは3Dビューポート(3D Viewport)をどのくらいズームしているかによって間隔が異なりますが、選択物 → グリッド(Selection to Grid)を使用したときに表示されているグリッドの最も近いポイントにスナップ(Snap)させます。

3 選択物 → カーソル(Selection to Cursor)

・オブジェクトモード(Object Mode)

オブジェクトモード(Object Mode)では、選択中のすべてのオブジェクトの原点を3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

画像9のようにオブジェクトを選択して選択物 → カーソル(Selection to Cursor)を使用すると、

blender snap

画像9

画像10のように選択中のオブジェクトの原点を3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像10

画像11のように複数のオブジェクトを選択して選択物 → カーソル(Selection to Cursor)を使用すると、

blender snap

画像11

画像12のように選択中のすべてのオブジェクトの原点を3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像12

・編集モード(Edit Mode)

編集モード(Edit Mode)では、選択中の頂点をすべて3Dカーソルがある位置へスナップ(Snap)させます。
移動した頂点は3Dカーソルがある位置で重なっている状態になります。

画像13のように複数の頂点を選択して選択物 → カーソル(Selection to Cursor)を使用すると、

blender snap

画像13

画像14のように選択中のすべての頂点を3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像14

辺選択モードで(複数の)辺を選択した場合、または面選択モードで(複数の)面を選択した場合も同様に、選択中の(複数の)辺または(複数の)面を構成する頂点のすべてを3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。
移動した頂点は3Dカーソルがある位置で重なっている状態になります。

画像15のように面選択モードで面を選択して選択物 → カーソル(Selection to Cursor)を使用すると、

blender snap

画像15

画像16のように選択中の面を構成する頂点のすべてを3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像16

4 選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))

・オブジェクトモード(Object Mode)

オブジェクトモード(Object Mode)では、選択中のすべてのオブジェクトを、オブジェクト間の距離を保ちながら3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

画像17のように複数のオブジェクトを選択して選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))を使用すると、

blender snap

画像17

画像18のように選択したオブジェクト間の距離を保ちながら3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像18

オブジェクトをひとつだけ選択している場合は選択物 → カーソル(Selection to Cursor)と同じ操作となります。

・編集モード(Edit Mode)

編集モードでは、選択中の頂点を、頂点間の距離を保ちながら3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

画像19のように複数の頂点を選択して選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))を使用すると、

blender snap

画像19

画像20のように選択した頂点間の距離を保ちながら3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像20

頂点をひとつだけ選択している場合は選択物 → カーソル(Selection to Cursor)と同じ操作となります。

辺選択モードで(複数の)辺を選択した場合、または面選択モードで(複数の)面を選択した場合、選択中の(複数の)辺または(複数の)面を構成する頂点を頂点間の距離を保ちながら3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

・ピボットポイント(Pivot Point)との関係について

選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))では、ピボットポイント(Pivot Point)でどれを使用しているかによって選択物をスナップ(Snap)させる位置が変わる場合もあります。
こちらについては「6 選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))の補足」でまとめています。

5 選択物 → アクティブ(Selection to Active)

・オブジェクトモード(Object Mode)

オブジェクトモード(Object Mode)では、選択中のすべてのオブジェクトの原点をアクティブなオブジェクトの原点の位置にスナップ(Snap)させます。

画像21のように複数のオブジェクトを選択して選択物 → アクティブ(Selection to Active)を使用すると、

blender snap

画像21

画像22のように選択中のすべてのオブジェクトの原点をアクティブなオブジェクトの原点の位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像22

オブジェクトをひとつだけしか選択していない場合には選択物 → アクティブ(Selection to Active)を使用しても何も起こりません。

・編集モード(Edit Mode)

編集モード(Edit Mode)では、選択中のすべての頂点をアクティブな頂点の位置にスナップ(Snap)させます。
このときスナップ(Snap)させた頂点はアクティブな頂点がある位置で重なっている状態になります。

画像23のように複数の頂点を選択して選択物 → アクティブ(Selection to Active)を使用すると、

blender snap

画像23

画像24のように選択中のすべての頂点をアクティブな頂点の位置にスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像24

辺選択モードで(複数の)辺を選択した場合、または面選択モードで(複数の)面を選択した場合は、選択中の(複数の)辺または(複数の)面を構成するすべての頂点をアクティブな辺または面の中心へスナップ(Snap)させます。

6 選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))の補足

6.1 スナップ(Snap)とピボットポイント(Pivot Point)の関係について

選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))では、ピボットポイント(Pivot Point)(画像25参照)でどれを使用しているかによって選択物をスナップ(Snap)させる位置が変わる場合もあります。

blender snap

画像25

バウンディングボックスの中心(Bounding Box Center)では、選択物を囲むように作られるバウンディングボックスの中心の位置を3Dカーソルがある位置にスナップ(Snap)させます。

アクティブ要素(Active Element)では、アクティブなオブジェクトの原点・アクティブな頂点・アクティブな辺の中心・アクティブな面の中心を、3Dカーソルにスナップ(Snap)させます。

それ以外では、選択物の中心を3Dカーソルにスナップ(Snap)させます。
画像17~20の例では中点(Median Point)を使用しているので、選択中のオブジェクトの中心または選択中の頂点の中心を3Dカーソルの位置にスナップ(Snap)させます。

6.2 マニピュレーターによるスナップ(Snap)する位置の確認

選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))を使用する際にツールバー(Toolbar)にあるマニピュレーターを表示させると、スナップ(Snap)させる位置を確認することができます(マニピュレーターの位置を3Dカーソルの位置にスナップ(Snap)させるかたちになります)。

マニピュレーターは3Dビューポート(3D Viewport)のツールバー(Toolbar)内のアイコンをクリックすると表示されます(画像26参照)。

blender snap

画像26

画像27のように配置した3つの立方体を選択して選択物 → カーソル(オフセット維持)(Selection to Cursor (Keep Offset))を使用する場合を例に、使用するピボットポイント(Pivot Point)の種類とマニピュレーターの位置を確認してみます。

blender snap

画像27

ピボットポイント(Pivot Point)でバウンディングボックスの中心(Bounding Box Center)を使用している場合は、選択中の3つの立方体を囲むように作られるバウンディングボックス(画像28の白い枠線)の中心にマニピュレーターが表示され(画像28参照)、この位置を3Dカーソルにスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像28

ピボットポイント(Pivot Point)でアクティブ要素(Active Element)を使用している場合は、選択中の3つの立方体のうちアクティブな立方体の原点の位置にマニピュレーターが表示され(画像29参照)、この位置を3Dカーソルにスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像29

上記のふたつ以外を使用している場合は、選択中の3つの立方体の原点の中心にマニピュレーターが表示され(画像30参照)、この位置を3Dカーソルにスナップ(Snap)させます。

blender snap

画像30

ピボットポイント(Pivot Point)で3Dカーソル(3D Cursor)を使用している場合は選択物の中心を3Dカーソルにスナップ(Snap)させるのですが、マニピュレーターは3Dカーソルがある位置に移動してしまうので、スナップ(Snap)させる位置の確認としては使用できなくなります(画像31参照)。

blender snap

画像31

以上、Blenderの「スナップ(Snap)の使用方法 その1」でした。


※ この記事で使用しているのはBlender 3.0.0です。
※ 参考サイト: https://docs.blender.org/manual/es/2.79/editors/3dview/object/editing/transform/control/snap.html

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次