Blender: 3Dカーソルの表示/非表示の切替と位置の確認について

Blenderで3Dカーソルの表示/非表示を切り替える方法と位置の確認方法を紹介します。

目次

1 3Dカーソルの表示/非表示の切り替えについて

3Dビューポートの右上にあるOverlaysの下向きの矢印をクリックするとメニューが表示されます。このメニュー内にある3Dカーソル(3D Cursor)のチェックを外すと3Dカーソルを非表示にできます(画像1参照)。

blender 3d cursor
画像1

画像2は3Dカーソルを表示した場合と非表示にした場合の比較です。

blender 3d cursor
画像2

画像1の3Dカーソル(3D Cursor)のチェックを入れ直すと3Dカーソルを再度表示できます。

2 3Dカーソルの位置の確認について

3Dカーソルの位置がわからなくなった場合は、サイドバー(Sidebar)ビュー(View)内にある3Dカーソル(3D Cursor)位置(Location)で3Dカーソルがある座標が確認できます(画像3参照)。

blender 3d cursor
画像3

位置(Location)のXYZの値をすべて0にすると3Dカーソルがワールド原点に移動します。

また、Shift+Sで表示されるスナップ(Snap)のメニューにあるカーソル → ワールド原点(Cursor to World Origin)を使用すると(画像4参照)、3Dカーソルをワールド原点に移動することができるので、これを利用して位置の確認をすることもできます。

blender 3d cursor
画像4

以上、Blenderの「ブーリアン(Boolean)を使用する際のシェードについて」でした。


※この記事で使用しているのはBlender 3.0.0です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
Top
目次
閉じる