スポンサーリンク

Blender: 分離(Separate)の使用方法

Blenderの分離(Separate)という機能の使用方法を紹介します。

1. 分離(Separate)とは

分離(Separate)は、同一のオブジェクト内の指定(選択)したものを、別のオブジェクトとして分離(独立)させる機能です。
指定(選択)するものとしては選択(Selection)マテリアルで(By Material)構造的に分離したパーツで(By loose parts)の3つがあります(画像1参照)。

blender separate

画像1

分離(Separate)は編集モード(Edit Mode)でのみ使用可能で、ショートカットキーPキーで画像1のようなメニューが表示されます。

以下で画像2のような上下を二分割してそれぞれ別のマテリアルを適用した平面を左右に2枚並べたサンプルを使用して、分離(Separate)の機能についてもう少し詳しく見ていきます。

blender separate

画像2

2. 分離(Separate)の各操作

2.1 選択(Selection)

選択(Selection)は選択した頂点・辺・面を別のオブジェクトに分離する機能です。
サンプルのオブジェクトを編集モード(Edit Mode)で画像3のように右上の面だけを選択して、Pキーで分離(Separate)のメニューを呼び出して選択(Selection)をクリックします。

blender separate

画像3

すると画像4のように選択した面が別のオブジェクトとして分離されます。

blender separate

画像4

頂点と辺についてはそれだけを分離することはできないので、厳密には複製したものを別オブジェクトとして分離することになります。

◆ 選択(Selection)の用途

選択(Selection)は、Duplicateで複製したものをそのまま別のオブジェクトに分離するときなどによく使用します。

2.2 マテリアルで(By Material)

マテリアルで(By Material)は、使用されているマテリアルによってそれぞれをオブジェクトに分離する機能です。
サンプルのオブジェクトにたいして、編集モード(Edit Mode)でPキーを押して分離(Separate)のメニューを呼び出して、マテリアルで(By Material)をクリックします。

すると、画像5のように紫色のマテリアルが使用されていた部分と、緑色のマテリアルが使用されていた部分がそれぞれオブジェクトとして分離されます。

blender separate

画像5

もしマテリアルが3つの使用されている場合は、オブジェクトも3つに分離されます。
マテリアルで(By Material)で分離する場合は、頂点・辺・面を選択していたかどうかは関係ありません。

2.3 構造的に分離したパーツで(By loose parts)

構造的に分離したパーツで(By loose parts)は、構造的に分離していてつながっていないパーツをそれぞれオブジェクトとして分離する機能です。
サンプルのオブジェクトにたいして、編集モード(Edit Mode)で、Pキーを押して分離(Separate)のメニューを呼び出して、構造的に分離したパーツで(By loose parts)をクリックします。

すると、画像6のように左側の面と右側の面がそれぞれオブジェクトとして分離されます。

blender separate

画像6

構造的に分離したパーツで(By loose parts)で分離する場合は、頂点・辺・面を選択していたかどうかは関係ありません。
そのオブジェクトに分離したパーツがない場合、分離(Separate)は行われません。

もし構造的に分離したパーツが3つある場合は、3つのオブジェクトとして分離されます。

◆ 構造的に分離したパーツで(By loose parts)の用途

構造的に分離したパーツで(By loose parts)は、モディファイアの「配列複製(Array)」を適用した後に各パーツを分離したオブジェクトにしたいときなどによく使用されます。

以上、Blenderの分離(Separate)についてでした。
※この記事で使用しているのはBlender 2.80です。
※Blender 2.79bなどでも同様の操作が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました