スポンサーリンク

Blender: モディファイア―(Modifier)に共通の操作

Blenderのモディファイア―(Modifier)に共通の操作について紹介します。

1 モディファイア―(Modifier)の上部にあるアイコンについて

画像1はサブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)のメニュー画面です。

blender modifier

画像1

画像1のa~hまでのアイコンにはそれぞれ以下のような機能があります。

1.1 メニュー開閉のアイコン

画像1aの位置にある矢印をクリックすると、モディファイア―(Modifier)のメニューを開閉します。
画像1が開いた状態、画像2が閉じた状態です。

blender modifier

画像2

1.2 モディファイア―(Modifier)の表示に関するアイコン

1.2.1 ケージで(On Cage)

画像1bの位置にあるケージで(On Cage)をオンにすると、モディファイア―(Modifier)を適用した場合のメッシュの状態を表示しながら編集が可能になります(編集モードでのみ機能します)。
以下で紹介する編集モード(Edit Mode)とリアルタイム(Realtime)が両方ともオンになっているときだけ効果があります。

下のふたつの画像はCubeにサブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)を追加して、ケージで(On Cage)をオフにした場合(画像3)と、ケージで(On Cage)をオンにした場合(画像4)のものです。

blender modifier

画像3

blender modifier

画像4

1.2.2 編集モード(Edit Mode)

画像1cの位置にある編集モード(Edit Mode)でモディファイア―(Modifier)の効果を表示/非表示にします。このアイコンが関係するのは編集モード(Edit Mode)だけなので、オブジェクトモード(Object Mode)ではモディファイア―(Modifier)の効果を表示します。
以下で紹介するリアルタイム(Realtime)がオンになっているときだけ効果があります。

1.2.3 リアルタイム(Realtime)

画像1dの位置にあるリアルタイム(Realtime)は、3Dビューポート(3D Viewport)でモディファイア―(Modifier)の効果を表示/非表示にします(=オブジェクトモード(Object Mode)と編集モード(Edit Mode)でモディファイア―(Modifier)の効果を表示/非表示にします)。

1.2.4 レンダ―(Render)

画像1eの位置にあるレンダ―(Render)は、レンダリングの結果にモディファイア―(Modifier)の効果を表示/非表示にします。

1.3 適用(Apply)などのメニューの表示

画像1fの位置にある下向きの矢印のアイコンをクリックすると、画像5のようなモディファイア―(Modifier)のメニューを表示します。

blender modifier

画像5

適用(Apply)は、モディファイア―(Modifier)の結果をメッシュとして確定します。
適用(Apply)はオブジェクトモード(Object Mode)でのみ可能です。

1.4 モディファイア―(Modifier)を削除(Remove Modifier)

画像1gの位置にある×のアイコンをクリックすると、 追加したモディファイア―(Modifier)を削除します。

1.5 順番の入れ替え

画像1hの部分をつかんでドラッグするとモディファイア―(Modifier)の順番を入れ替えることができます。

2 モディファイア―(Modifier)の順番について

モディファイア―(Modifier)は上から順番に適用した場合の結果が3Dビューポート(3D Viewport)に表示されます。そのためモディファイア―(Modifier)の順番を変えると結果が全く違うものになる場合もあります。
以下はその例です。

2.1 ミラー(Mirror)とサブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)

画像6はPlaneを半分にしたものです。
このPlaneにミラー(Mirror)とサブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)を順番を変えて追加してみます。

blender modifier

画像6

・サブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface) → ミラー(Mirror)の順番(画像7)

blender modifier

画像7

・ミラー(Mirror) → サブディビジョンサーフェス(Subdivision Surface)の順番(画像8)

blender modifier

画像8

こちらの例はBlenderのマニュアルにも載っています。

2.2 ミラー(Mirror)とラティス(Lattice)

画像9はPlaneを半分にしたものとPlaneに大きさを合わせたラティス(Lattice)を追加したものです。
このPlaneにミラー(Mirror)とラティス(Lattice)を順番を変えて追加して、ラティス(Lattice)の編集してみます。

blender modifier

画像9

・ミラー(Mirror) → ラティス(Lattice)の順番(画像9)

blender modifier

画像10

・ラティス(Lattice) → ミラー(Mirror)の順番(画像10)

blender modifier

画像11

2.3 配列(Array)とカーブ(Curve)

画像12はCubeとCurve(Circle)を追加したものです。
Cubeに配列(Array)(数(Count)を5、係数(Factor)のXを1.100に設定)とカーブ(Curve)を順番を変えて追加してみます。

blender modifier

画像12

・カーブ(Curve) → 配列(Array)の順番(画像13)

blender modifier

画像13

・配列(Array) → カーブ(Curve)の順番(画像14)

blender modifier

画像14

2.4 ベベル(Bevel)とブーリアン(Boolean)

画像は大小のCubeを追加したものです。
大きなCubeにベベル(Bevel)(量(Amount)を0.05)とブーリアン(Boolean)(差分(Difference))を順番を変えて追加してみます。

blender modifier

画像15

・ベベル(Bevel) → ブーリアン(Boolean)の順番

blender modifier

画像16

・ブーリアン(Boolean) → ベベル(Bevel)の順番

blender modifier

画像17

2.5 アーマチュア(Armature)とミラー(Mirror)

画像18はPlaneとボーン(Bone)がひとつのアーマチュア(Armature)を追加したものです。
Planeとアーマチュア(Armature)を自動のウェイトで(with Automatic Wights)を使ってウェイトを付けた後に、にアーマチュア(Armature)とミラー(Mirror)を順番を変えて追加して、ポーズモード(Pose Mode)でボーン(Bone)を編集してみます。

blender modifier

画像18

・ミラー(Mirror) → アーマチュア(Armature)の順番

blender modifier

画像19

・アーマチュア(Armature) → ミラー(Mirror)の順番

blender modifier

画像20

以上、Blenderの「モディファイア―(Modifier)に共通の操作」でした。


※この記事で使用しているのはBlender 2.92です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました