Substance 3D Painter: ワイヤーフレームの表示方法

Substance 3D Painterでワイヤーフレームを表示する方法をふたつ紹介します。

目次

1 ワイヤーフレームの表示方法 – その1

その1はSubstance 3D PainterのMesh wireframeでワイヤーフレームを表示する方法です。

UIを変更していない場合はSubstance 3D Painterの一番右側に並んでいるアイコンの一番上にDisplay Settingsがあるので、クリックしてメニューを表示させます(画像1参照)。

sp Mesh wireframe

画像1

Display SettingsのMesh wireframe内にあるShow mesh wireframeにチェックを入れると、ワイヤーフレームが表示されます。
また、Wireframe Colorではワイヤーフレームの色の変更、Wireframe Opacityではワイヤーフレームの不透明度の設定が実行できます。

MeetMatをワイヤーフレーム表示してみると画像2のようになります。

sp Mesh wireframe

画像2

その1の方法は、現在のところはShow mesh wireframeのショートカットキーがない上にメニューの深いところにあるので、オン/オフが気軽にできないところもあるかもしれません。

2 ワイヤーフレームの表示方法 – その2

その2はUVマップをSubstance 3D Painterにインポートしてワイヤーフレームを表示する方法です。

2.1 準備

例としてメッシュはBlenderのMonkeyを使用します。
UVマップのエクスポートの方法は下記の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
Blender: UVマップを画像として出力する方法 Blenderで作成したUVマップを出力する方法を紹介します。UVエディター(UV Editor)に切り替えたら、上部メニューのUV内にあるUV配置をエクスポート(Export UV Layout)をクリックすれば画像として出力できます。

UVマップはtextureに設定してインポートします。
UVマップをインポートする方法は下記の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
Substance 3D Painter: リソースの追加方法 Substance 3D Painterに自作したブラシ用アルファ画像などのリソースを追加する方法を紹介します。current session、project ’プロジェクト名’、library 'your_assets'の追加方法があります。

2.2 ワイヤーフレームの表示方法

LAYERSのAdd fill layerからレイヤーを追加します(画像3参照)。

substance painter opacity

画像3

追加したレイヤーを選択した状態で、PROPERTIES – FILLのMATERIAL内にあるBase colorと書かれたボックスに、インポートしたUVマップをドラッグ&ドロップします(画像4参照)。

sp Mesh wireframe

画像4

すると、画像5のようにワイヤーフレームを表示することができます。

sp Mesh wireframe

画像5

その2の方法ではレイヤーの目のアイコンをクリックするだけで簡単にオン/オフができますが、準備が少し面倒という部分もあるかもしれません。

以上、Substance 3D Painterの「ワイヤーフレームの表示方法」でした。


※この記事で使用しているのはSubstance 3D Painter 2022 (Version 7.4)です。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次